GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 外部活動 >
  3. バイオメトリクス国際標準化

バイオメトリクス国際標準化

最終更新日 2017年8月29日

概要

ISO/IEC JTC1 SC37(Biometrics)では、6つのWGでバイオメトリクスに関連する様々な国際標準規格を開発しています。

富士通研究所の取り組み

富士通研究所では、指紋認証、手のひら静脈認証に関する研究・開発を行っており、ISO/IEC JTC1 SC37の各WGに委員を派遣し、関連する国際標準規格の開発を推進しています。特に、手のひら静脈認証は富士通独自の技術であるため、静脈画像データフォーマット規格ISO/IEC 19794-9のProject Editorに就任して、各国から規格原案に対して提出されたコメントの処理案作成や規格原案の編集業務を担当し、主導的に規格開発を進めています。これまでに、第一世代、第二世代の規格が発行され、現在、第三世代のフォーマット規格39794シリーズの検討が開始されています。

また、富士通研究所ではISO/IEC JTC1 SC37の設立当初から、データ交換フォーマットだけでなく、標準APIを規定する19784シリーズ(ISO/IEC 19784 Information technology - Biometric application programming interface、BioAPI)や生体情報データを格納する枠組みを規定する19785シリーズ(Information technology - Common Biometric Exchange Formats Framework、 CBEFF)において、手のひら静脈認証の対応を進め、国際標準に反映させてきました。さらに、生体認証の運用に関連する重要な規格として、Part-1 Frameworkの改版が開始された性能評価と報告に関する19795シリーズ(ISO/IEC 19795 Biometric performance testing and reporting)、テンプレート保護の性能評価に関する30136シリーズ(ISO/IEC 30136 Template protection)、偽造物によるなりすましなどの入力攻撃の検出に関する30107シリーズ(ISO/IEC 30107 Presentation Attack Detection)についても積極的に規格開発を進めています。

富士通研究所では、生体認証の国際標準化の枠組みにおいて、皆様に積極的に手のひら静脈認証技術をご活用いただけますように、今後も関連規格の開発を進めてまいります。

生体認証に関する標準規格の関係
生体認証に関する標準規格の関係

静脈画像データフォーマットのISO/IEC国際標準規格

GTM-WDW4ZH