GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

One Network

デジタル革新時代においては、実世界の人やモノ、仮想世界のサービスを人や企業の要求にあわせて素早くつないでいかなければなりません。しかし現状は、フィールドエリア網、企業拠点網、クラウド網、公衆網、専用網など様々なネットワークを考慮する必要があり、非常に煩雑な手順と時間を要します。

「One Network」は、ネットワークの専門知識がなくても業務内容や需要にあわせて、人、モノとサービスをセンサーやデバイスなども介して簡単につなぎ、利用の変化に応じて姿を変える動的なネットワークです。これを実現するために、自動的あるいは簡易にネットワーク全体を設計、構築、運用するための技術や、ネットワークの複雑さを隠蔽し、ネットワークリソースを切り出して安全につなぐ技術などの研究に取り組んでいます(オーケストレーション/サービスコネクション)。

また、無線領域では高速化による利便性向上とともに、スマート工場など500億以上の無線デバイスを同時接続可能な大容量無線技術、自動運転を可能にする超低遅延無線技術などの第5世代移動通信システム(5G)時代の高信頼性を実現する技術の研究を進めています。さらに、デジタル革新時代に想定される、データセンターや5G無線データなどあらゆる場所のトラフィックの爆発的増大を受け止める光ネットワークについて、その超高速・高効率化はもちろんのこと、ベンダーの異なる機器が混在するオープンな環境でもスムーズな運用管理を実現するための技術の研究にも取り組んでいます。

ネットワークの専門知識がなくても、人、モノとサービスを簡単につなぎ、利用の変化に応じて動的なネットワークを実現するための技術や、ネットワークの複雑さを隠蔽し、安全につなぐ技術などの研究に取り組んでいます。

適用例

事業内容(研究紹介)に戻る

GTM-WDW4ZH