GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

統合計算化学システム

MOE

MOEは、創薬・生命科学研究のための分子シミュレーションソフトウェアです。
直感的に操作できる多彩なアプリケーションと豊富なデータコンテンツで、計算化学者から実験研究者まで、幅広いユーザの研究をサポートします。

アプリケーション

分子シミュレーション、ケムインフォマティクス、タンパク質モデリング、立体構造に基づく分子設計、ファーマコア解析などの様々な機能が搭載されています。 また、それぞれの機能を連携することで、多角的な解析を行う事ができます。

データコンテンツ

リードライク化合物、分子フラグメント、MOE Project Database(抗体、キナーゼ、GPCRなどのファミリータンパク質データベース)などの目的別に整理された分子構造データベースを搭載しています。 データベースの収集や整理に時間をかける必要がなく、導入後すぐに利用することができます。

開発環境

開発言語を用いて、新機能開発やカスタマイズが可能です。公開されている追加プログラムをダウンロードして利用することもできます。研究にあわせて柔軟な分子モデリング環境を構築することができます。


使いやすいインターフェース

グラフィカルユーザインターフェース
グラフィカルユーザインターフェース

MOEのグラフィカルユーザインターフェース(GUI)は、パソコンからワークステーションまで、さまざまなプラットフォームで同一の作業環境を提供します。

分子表面、タンパク質のリボン表示、水素結合等、相互作用表示など数多くの表示機能を搭載しているので分子を様々な視点から観察することができます。また、ぼかし効果や光源の指定といった高度なレンダリング機能も適用可能で、プレゼンテーションや論文作成に適した画像・動画を簡単に作成できます。
更に、立体視のための各種ハードウェアやアナグリフメガネ(赤-シアンもしくは緑-マゼンタ)にも対応しています。パワーポイントやウェブページへの分子表示の埋め込み、分子構造の3Dプリンターへの出力も対応しています。


データベース

  • リードライク化合物DB
    北米で購入可能な65万件の化合物データを収集。配座解析済み。即座にファーマコフォア、 ドッキングによるスクリーニングが可能
  • 分子フラグメントDB
    76万件と81万件の分子フラグメント構造。配座解析済み。母核置換、フラグメント付加などに利用可能
  • RECAPフラグメントDB
    RECAPルールにより生成されたフラグメントDB。化合物DBの構築に利用
分子構造データベース
  • 試薬ライブラリー
    コンビケムライブラリー構築に利用
  • MOE Project Databases
    • 標的タンパク質とリガンド構造を集めた15種類のプロジェクトデータベースを標準搭載
    • PDB構造、配列/構造アラインメント、分子記述子、アノテーション、電子密度等を収録
    • 最新のデータへのアップデート
    • プロジェクト検索ツール搭載
    • ユーザー定義のプロジェクトデータベースを作成可能
    • SBDDの標的タンパク質構造の検索やモデリングのテンプレートに利用

MOEは、計算化学で使用される大量のデータを効率よく処理する独自の分子データベースを搭載しています。分子構造、数値データ、文字データを統一的に管理することができます。


開発言語SVL

MOEのアプリケーションは、科学計算のために開発されたコンピューター言語SVL(Scientific Vector Language)で記述されており、ソースコードをユーザーに開示しています。ユーザーは、プログラムの内容の参照、既存機能のカスタマイズ、パラメーターやメニューなどの変更だけでなく、自身のアイデアに基づく新規アプリケーションの開発も可能です。エディターやデバッガーなどの開発環境は全てMOEに搭載されています。

  • SVLによるアプリケーション開発例
    • ドッキングシミュレーションツール
    • QSARモデル自動構築ツール
    • 3D-QSARモデル自動構築ツール
    • 遺伝的アルゴリズムを用いたQSARモデル構築ツール
    • 分子フィルタリングツール
    • クラスタリングツール
    • SVL開発支援ツール
    • 外部プログラムとのインターフェース
開発言語SVL