GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

材料設計支援統合システム

MedeA 材料設計支援統合システム

MedeAは、材料設計のための統合的な計算環境を実現するソフトウェアです。既存の分子設計ソフトウェアに見られる「計算ソフトウェアのインターフェース」の枠から脱し、「データベースやネットワークの技術を融合し、シミュレーションを効率的に行うための統合環境」としてデザインされています。

MedeAが提供する計算環境では、バンド計算を基に、金属・セラミックス・半導体などの材料に対する、構造評価、光学物性、磁性、熱力学物性、弾性、振動、電子伝導性といった物性を評価することができます。また、モンテカルロ計算や分子動力学計算を利用することで、流体や高分子を対象にして熱力学物性や相平衡、粘性、熱伝導性、拡散を評価することができます。

MedeAは、計算プログラムやその結果を基に物性値を導くツールを組み合わせて、物性評価を行います。研究の目的に適したツールを組み合わせることで、効率的な計算環境を構築することができます。