GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

コンセプト

目的とする様々な情報を収集するにはインターネットの活用が不可欠ですが、Web上のデータを収集するには分散している複数のサイトを巡回する必要があります。さらに、収集した情報の信憑性についても検証が必要となります。 また、時間と共に変化する情報を、定期的に確認する業務では効率化も重要です。 DataScooperは、様々な情報を広範囲に自動収集し活用することを支援します。

概要

収集したいキーワードを入力し、対象となるWebサイトを指定することで、複数のインターネットおよびイントラネット上のデータベースにアクセスし、データ収集を行います。特定のキーワードで定期的に情報収集したり、収集結果を履歴と比較し、最新情報の取得が必要な業務に適用できます。

業務効率の向上

複数のキーワードを設定し、一括して情報収集が可能となるため情報収集の効率化が図れます。定期的に情報が更新される情報について、最新の情報収集を行うことができます。

自社業務に応じたカスタマイズ

収集結果を独自のデータベースとして作成可能です。Webサイトの形式が変更になった場合も、ユーザにて修正できる機能を提供しています。

情報精度の向上

キーワードの保存、検索履歴の保存など収集工程を可視化することで、自動的に収集した工程を確認できます。

化学物質(法規制) 配送情報

収集事例

化学物質情報の収集事例

化学物質の環境規制は国際的に強化されてきており、国内だけでも化審法、化管法、労働安全衛生法など多くの規制が存在します。そのため、化学物質の安全性を収集・解析を行い、リスク評価を行う必要性が高まっていますが、情報は各当局の管理サイト上にあり、情報の更新に追随して収集する必要があります。また、化学物質に知見を持つ専門家による収集が必要な場合がありますが、専門家による収集工程を保存することで、広範囲・膨大な情報収集の一括処理を誰にでもできるようになります。

化学物質法規制対応

拡大イメージ (143 KB)

運送会社の荷物出荷情報の収集事例

海外への荷物を輸送する場合、長期にわたり経過をチェックする必要があります。荷物到着時に滞りなく必要書類を提出し、遅延があれば顧客に通知、運送会社を再手配するためです。数多くの情報を定期的にチェックする必要がある業務の場合、DataScooperを使用することで効率化できます。

海運会社

拡大イメージ (202 KB)


カスタマイズ例

静的ページ収集項目のカスタマイズ(基本機能)

静的ページとは、特定のアドレスで特定のページが表示されるサイトを指します。DataScooperでは収集項目を定義したファイルを編集、新規に作成することでカスタマイズできるエディタを提供しています。そのため、ユーザにて簡単に収集項目を修正することができます。

様々な個別カスタマイズ(個別見積)

更新通知

登録した検索条件の結果が更新されていれば、更新通知を行います。

自社データとの比較

自社データと収集したデータの比較を行います。

データ出力

収集したデータを様々な形式で出力して、データ解析などに利用できます。