GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

ADMEWORKS CMDPredictor(コマンドプレディクター)

ADMEWORKS/CMDPredictor (化合物特性予測ソフトウェア)

CMDPredictorは膨大な化合物構造情報から物性、薬物動態(ADME)、毒性の高速予測を行い、容易に候補新薬を絞り込むことができます。コマンドライン上で動作するため、お客様の自社システムへの連携が容易に行えます。お客様のPCクラスター環境に組み込むことができるため、PCクラスターの性能に比例して、より大量かつ高速なインシリコスクリーニングが可能となります。

特徴

  • コマンドベースで大量の化合物を予測するためのソフトウェアです。。
  • WindowsやLinux上での単独で計算するだけでなく、お客様の既存システムとの連携、統合することができます。 システム全体のレベルアップに是非ご活用ください。
  • 物性、ADME、毒性の評価を同時に行うことが出来ます。(予測モデル一覧

CMDPredictor運用事例

Platform LSFを利用すると、算機資源を有効活用してより効率的な予測を行うことができます。

より短時間で予測できます
ジョブスケジューリング、計算機負荷等を管理するソフトウェアPlatform LSFを併用することで、より高速に大量化合物の予測を行うことが出来るようになります。

リソースの有効活用を提案します
弊社では、LSFの販売/環境構築/運用実績が多数あり、リソースを有効に活用する為のご提案をいたします。
CMDPredictorとLSFの連携事例