FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウドAkisai(秋彩)
分娩室モニタリングシステム 牛見時(うしみどき)

画像認識技術で牛の分娩室をモニタリングし、畜産農家をサポートします。

カメラの画像をもとに、牛の行動量を解析します。行動量の増減が設定値を超えるとメールでお知らせする為、畜産農家の夜間監視などの負担を軽減することができます。
牛にセンサー類を装着しないため、ストレスを与えることがありません。
スマートデバイスの活用やインターネットからのアクセスなど、現場で使いやすいICTを実現します。

  • *「宮崎県畜産試験場 共同研究」
  • *「牛見時」は富士通株式会社で商標登録出願中です。

概要

牛の行動量を画像解析し、自動通知する仕組みを提供して、畜産農家の負担を軽減します。

機能

1.メール通知の条件設定

メール通知の条件等を、分娩室毎に設定する事が出来ます。


メール通知の条件設定画面

2.牛の行動量の増減をメール通知

牛の行動量が設定値を超えた場合、メールでお知らせします。


メール通知画面

3.カメラの画像表示

メール本文に記載のURLをクリックすると、現在のカメラ画像を表示します。


分娩室のカメラ画像例

主な使用機器

  1. 1. ネットワークカメラ

    分娩室に設置されたカメラにて、一定間隔で画像データを取得します。
  2. 2. エッジコンピュータ

    画像データをもとに、牛の行動量を計算し、データセンターに情報を送信します。
  3. 3. スマートフォン

    畜産農家は、データセンターから牛の行動量変化のメールを受け、分娩室の状況をリアルタイム画像で確認することが出来ます。
  4. 4. 回線環境

    インターネットを利用するためのルータ及び回線契約が別途必要になります。

分娩室モニタリングシステム牛見時に関するお問い合わせ

ページの先頭へ