GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション >
  3. ビジネス&テクノロジーソリューション >
  4. IoT、ロボット >
  5. Internet of toilet トイレ混雑緩和・看守りサービス

Internet of toilet トイレ混雑緩和・看守りサービス

ホワイトカラーの職場では、一定の時間帯にトイレの利用が集中するため、従業員は、しばしば各階の空きトイレを探し歩く必要が生じます。また、トイレ内で急病を発症した場合、密室であるために発見が遅れることがあります。

本製品は、各階のトイレの空き状況を、自席のパソコンや廊下の表示灯で確認することができます。さらに、緊急ボタンによる通報機能により、急病人を早期発見する仕組みを提供します。また、集められたトイレの利用状況データは、数十におよぶBI機能によって可視化、分析できます。

当社では、2016年5月より本社オフィスにおける実証実験を開始し、NPO法人日本トイレ研究所のアドバイスのもと、さまざまな知見を本製品に組み込み、製品化いたしました。

機能1 トイレ混雑緩和

  • 執務席のPC、スマートフォンで確認できる機能
  • 廊下の表示灯で確認できる機能

PC、スマートフォンや表示灯を確認することで、すぐに空きトイレを探すことが出来ます。

機能1 トイレ混雑緩和

機能2 トイレ利用者の「看守り」

  • ヘルプコール機能(緊急通報ボタン)
  • 長時間利用による異常通知機能(利用時間監視)

ICTが早期発見をアシストし、近くの人の共助による救出を支援します。

機能2 トイレ利用者の「看守り」

機能3 トイレ利用状況の多角的な分析

トイレの利用状況を、様々な角度から分析できる各種レポートを用意しました。
トイレの利用回数や利用時間を可視化することで、例えば、従業員の心の健康・ストレスのバロメータとして活用できます。

時間帯別・利用時間レポート一覧

トイレのIoTを通して、これらを社会に有用なソリューションとして成長させるべく、IT業界で唯一「NPO法人日本トイレ研究所(Japan Toilet Labo.)に加盟し、日々研究を重ねております。

活用シーン

office_toilet

オフィスビルにて

  • トイレが満室…
    空き状況を自席で確認し、混雑を回避
  • 社員の高齢化
    急病人を早期発見。社員の安全・安心を看守る。
  • 健康管理
    社員の健康やストレスのバロメータとして活用。
 

イベント会場にて

イベント会場にて

  • 混雑解消
    利用状況を可視化し、混雑解消
  • イベント参加者のストレス軽減
    トイレ待ちのストレス軽減。
  • イベント主催者には…
    データを活用し、次イベントに向けた改善を実施。
 

医療施設にて

医療施設にて

  • 急病人の早期発見
    患者の急変を早期発見し、患者の安全・安心を看守る。

機器の紹介

トイレ個室のセンサー機器

トイレの個室には、ドア開閉センサーと緊急通報ボタンを設置します。
装置は、電池不要で設置簡単。エネルギーハーベスト(※1) の製品を利用しています。

トイレ個室のセンサー機器

※1:エネルギーハーベスト
日常環境で生じるエネルギーを回収し、利用しやすい電気エネルギーに変換する発電技術の総称。太陽光・照明・ビルや工場の排熱・自動車や人間の移動に伴う振動などをエネルギー源として利用することを指す。

システム構成

Internet of toilet のシステム構成は、以下のとおりです。

Internet of toilet®のシステム構成

FAQ よくあるご質問

運用

緊急通報時は、どのような対応をすればいいですか?
システムとしては、以下のように通報を行います。
  • 廊下の表示灯が緊急表示に変わり、近くの人に救助を求めます。
  • 管理部門に設置されたパトランプが光り音声で報知されます。
通報を検知した後は、貴社の運用に従って救助してください。
時間帯ごとの運用体制は、導入までに検討されることをおすすめします。

トイレの電灯が消灯される時間があります。 問題ありませんか?
個室のドア開閉センサは、室内灯の光で充電され動作します。
また、二次電池も搭載されていますので問題ありません。
もし、故障や電池切れが発生した場合は、運用管理画面で確認できます。

管理部門の対応ができない時間帯があります。 どうすればよいでしょうか?
ビルの運営管理部門や、外部の運営会社へ委託する方法が考えられます。
時間帯ごとの運用体制を、導入前に検討されることをおすすめします。

システム稼働中にビルが停電しました。 どうすればよいですか?
復電後、自動的に起動します。起動には少し時間がかかる場合があります。

盗難される可能性はありませんか?
個室のセンサは、ネジ止め可能です。 ただし、現状復帰を希望される場合は、粘着テープでの導入をおすすめしています。

会員登録など必要なく、誰でも利用できますか?
はい、利用可能です。
PCやスマホから空室状況を確認するには、設置ビル単位で設定したログインIDとパスワードを入力する必要があります。管理部門より、利用者へ通知をお願いします 。

緊急通報ボタンを押すとどうなりますか?
緊急通報ボタンを押すと、緊急事態が発生したと判断し、以下のようにアラートを発信します。
総務:パトランプを利用し緊急通報が実施された旨を通知
廊下:アラートメッセージへ表示を切り替え
音声:個室内にてスピーカーを利用し呼びかけ
画面:アラートメッセージを画面上に表示

習得したデータで、どのようなことが分析できますか?
ドア開閉センサから収集したデータから以下の分析を実施することが可能です。以下は一例です。
・トイレ稼働率月別/日別/時間帯別
・トイレ満室回数月別/日別/時間帯別
・トイレ満室時間月別/日別/時間帯別
・トイレ満室時間月別(平均)/日別(平均)/時間帯別(平均)
・トイレ利用回数月別/日別/時間帯別
・トイレ利用回数月別(積算)/日別(積算)/時間帯別(積算)
・トイレ利用時間月別/日別/時間帯別
・トイレ利用時間月別(平均)/日別(平均)/時間帯別(平均)
・トイレ利用時間月別(積算)/日別(積算)/時間帯別(積算)
・トイレ利用時間Top100

環境

同じフロアにトイレが複数存在します。 対応可能でしょうか?
はい、対応可能です。
フロアに加え、エリアによって別トイレとして管理することができます。
例えば、2階北側エリアと2階南側エリアのように区別して管理することが可能です。

どのようなトイレに導入できるか教えてください。
未使用時に、個室のドアが開いていてるタイプのトイレであれば、本製品を導入頂けます。その他のタイプのトイレも、導入できる場合がございますので、下記お問い合わせ先までご相談ください。

機器

センサーは防水仕様でしょうか?
防水仕様ではございませんので清掃の際はご注意ください。
ただし、ドアセンサなどは高い位置に設置しますので、通常の利用で水がかかることはありません。

ドアセンサーは満充電からどのくらいで充電が無くなりますか?
個室のドア開閉センサは、室内灯の光で充電され動作します。また、二次電池も搭載されています。
基本的に充電がなくなることはありませんが、故障や電池切れが発生した場合は、運用管理画面で確認できます。

緊急通報ボタンの設置は必須ですか?
必須ではありません。
「看守り機能」を利用する場合は必須となります。

ハードのデザインを変更することは可能でしょうか?
ハードのデザイン変更はお受けしておりません。
ただし、カスタマイズできる場合もございますので、要件をヒアリングさせていただきます。下記お問い合わせ先へご連絡ください。

契約

購入したいです。 注文はどうすればいいですか?
お見積のためのヒアリングシートを送付させて頂きますので、下記お問い合わせ先へご連絡ください。

解約したいです。どうすればいいですか?
解約手続きを実施させていただきます。
下記お問い合わせ先へご連絡ください。

バージョンアップなどは予定されていますか?
はい、予定しております。
バージョンアップ時には、お客様へご連絡させていただきます。バージョンアップには別途費用が必要となります。

仕様

表示される使用状況はどれくらいの頻度で更新されていますか?
センサーデータは1秒おきに送信されます。
そのため、表示灯の表示は、1秒おきに更新されます。 利用者が確認するWEB画面については、更新ボタンを押すことで画面表示を更新する仕様となっております。

トイレを監視されているようで嫌です。 システムでは何を管理しているのでしょうか?
トイレの空き室状況は、ドアの開閉のみ取得しております。システムでは、ドア開閉センサの情報と各トイレの利用時間を管理しています。

緊急ボタンにキャンセル機能はありますか?
キャンセル機能はありません。
廊下の表示灯は、個室内のリセットボタンを押していただくか、ドアを一度開閉していただくことで、リセットされます。 管理部門のパトランプは、パトランプ上のリセットボタンでリセットできます。

トイレの空き状況はどのように表示されますか?
利用者へは、各フロアのトイレが満室か否かを表示します。
管理者へは、トイレの各個室の利用状況(個室ごとの空き状況、入室からの経過時間、緊急通報の有無)を表示しています。

トイレの空き状況は、どのようにして取得しているのですか?
各個室のドアに開閉センサーを付け、センサーから情報のみで利用状況を取得しています。
ドアが閉まったら利用中、空いたら空室と判断しています。

看守り機能とは何ですか?
「看守り機能」とは、トイレでの急病人を早期発見するための機能です。トイレ個室内に設置した緊急通報ボタンによる通知、もしくは一定時間経過してもトイレを退出していない場合に、緊急事態として、管理部門や表示灯などにアラートを通知します。
退出までの時間については、導入するビルで設定することが可能です。

表示灯に表示される内容を教えてください。
表示灯には、各フロアのトイレが満室か否かを表示しています。
空室がある場合はフロア番号を表示、満室の場合はフロア番号を非表示しております。なお、表示灯の表示内容に関しては、カスタマイズすることが可能です。

女性トイレの利用状況が男性にもわかるのでしょうか?
異性の利用状況はわかりません。
プライバシーを考慮し、利用者用のサイトでは、男性は男性トイレのみ、女性は女性トイレのみ、利用状況を表示する仕様となっております。

個人単位でトイレの回数を集計されたりしませんか?
個人単位での集計はされません。
蓄積しているデータは、各トイレに紐づくものであり、個人情報は紐づいておりません。

利用者が少ないと誰が利用中なのか特定されませんか?
システム上は特定されることはございません。

体調不良や倒れた場合は、緊急通報ボタンも押せない気がします。
「看守り機能」をご利用いただくことで、ボタンが押せない場合でも、一定時間ドア開閉しないことで、自動で緊急通報されます。

導入

導入・運用・保守にかかる費用は、いくらになりますか?
フロア数、個室数により変動します。導入・運用・保守に関わる費用の詳細については、下記お問い合わせ先へご連絡ください。
概算見積のためのヒアリングシートを送付させて頂きます。

1個室から導入できますか?
はい、可能です。
但し、電源工事などのファシリティ費用が発生しますので、複数フロア、複数個室の導入が効果的です。

導入事例を教えてください。
現時点で、以下の社屋で実証実験を行っております。
  • 富士通九州システムズの本社ビル(40個室)
  • 富士通川崎新社屋ビル(120個室)
利用者の声として、無くても良かったものが、無くてはならないものになったと評価頂いております。

実際にInternet of toiletが動作しているところを見てみたいです。
導入ビルをご案内いたします。
下記お問い合わせ先へご連絡ください。

コンセントやLANポート等の必要な設備があれば教えてください。
男子トイレ、女子トイレなど、エリア単位に通信ゲートウェイ装置を設置します。従って、以下の設備が必要です。
  • 電源
  • インターネット環境(有線または無線)

導入までどれくらいの期間が必要ですか?
ご発注後、おおよそ3ヶ月となります。

最大いくつの個室、フロアを管理できますか?
建屋あたり、最大1000個室まで管理可能です。また、フロア数に制限はございません。

Internet of toiletのご紹介資料がほしいです。
資料を送付いたします。
下記お問い合わせ先へご連絡ください。

導入後の効果は、どのようなものがありますか?
導入後は、以下のような効果がございます。
  1. 混雑緩和
    利用者が、空きトイレを探し歩く必要がなくなります。
  2. 急病人の発見
    個室内での急病人を、早期発見できます。
  3. 利用状況の可視化
    センサーから取得されたデータを活用し、トイレ利用回数や利用時間を可視化することで、フロア(部門)ごとの特性や、深夜残業の有無など、従業員の活動はもと より、心の健康やストレスのバロメータを推し測る一助とすることができます。

他社のトイレ管理システムとの違いは何ですか?
他社のトイレ管理システムとの大きな違いは、「看守り機能」になります。本製品は、「看守り機能」を用意することで、混雑緩和だけでなく、利用者の健康を看守ることが可能です。

機器の販売ルートを教えてください。
株式会社 富士通九州システムズ(FJQS)より販売いたします。

Internet of toiletの特徴を教えてください。
本製品の特徴は「混雑緩和機能」、「看守り機能」になります。
通常のトイレ管理システムの「混雑緩和機能」だけでなく、個室利用時間や緊急通報ボタンによる「看守り機能」を用意して、利用者の健康を看守ることを可能としました。また、センサーから取得されるデータを分析することで、利用者のトイレ利用回数や利用時間を可視化することが可能です。

富士通製以外の機器を採用している理由を教えてください。
製品で利用している機器は全て、弊社が実証実験にて利用したものであり、実績があるものを採用しております。
また、本製品を少しでもお安く導入頂くために、安価で高品質な機器を採用しております。

別のメーカーの機器に変更することは可能でしょうか?また、表示灯をタブレットなどに変更することは可能でしょうか?
メーカー変更や表示灯の変更はお受けしておりません。
ただし、カスタマイズできる場合もございますので、要件をヒアリングさせていただきます。下記お問い合わせ先へご連絡ください。

屋外のトイレにも導入できますか?
はい、可能です。
但し、インターネットに接続可能なこと、また、電源の確保は必須となりますので、設置トイレにご準備頂くことが前提となります。

看守り機能のみ導入したいです。 可能ですか?
はい、可能です。
「看守り機能」に必要なコンポーネントのみ導入することが可能です。

ビルを傷つけず、導入できますか?
はい、可能です。
施設を傷つけずに設置する場合は、ドア開閉センサや緊急通報ボタンの設置に粘着テープを利用します。

トイレに電源は必要ですか?
はい、必要です。
ゲートウェイ機器1台につき、電源を一口使用します。 例えば男子トイレに1台になります。

建物の管理者は、何か実施することがありますか?
特にありません。
ただし、夜間・休日等の運用体制に関して、管理部門と調整することをおすすめします。

特殊な工事が必要な場合、追加料金は取られますか?
お見積り時にお客様に作成いただくヒアリングシートにて、特殊な工事の有無を確認します。
工事前に、費用に関して調整させていただきます。

工事中に機器を壊してしまいました。 弁償しなければならないでしょうか?
場合により、請求させていただくことがございます。

設置には特別な機材は必要ですか?
いいえ、特別な機材は必要ありません。

保守

機器が故障した場合、どのように対処すればよいですか?
機器が故障した場合は、下記お問い合わせ先へご連絡ください。

障害や故障などの問題が発生した場合はどうすれば良いですか?
ご不便をお掛けしまして申し訳ございません。
お手数ですが、下記お問い合わせ先へご連絡お願いします。

保守契約などはできますか?
復旧までの時間短縮のため、予備機の購入をお願いしております。

施行時の設置機器についてのお問合せ先を教えて下さい。
下記お問い合わせ先へご連絡ください。

利用方法

利用者はどのようにしてスマホやPCから空き状況を確認するのですか?
お客様専用のサイトを用意しますので、ブラウザを利用してサイトにアクセスし、企業ID、ログインID、パスワードを入力してログインすることで、トイレの利用状況を確認できます。PC、スマホから利用可能です。専用アプリのインストールなどは不要です。
動作環境(ブラウザ)は以下を推奨しております。
  • Internet Explorer 11.0
  • Safari 8以降
  • Chrome バージョン37 以降

Internet of toilet に関するお問い合わせ先

株式会社 富士通九州システムズ
Internet of toilet 担当
tel 電話:092-260-6211

ボタン