GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション >
  3. 業務 >
  4. クラウドサービス(SaaS) >
  5. スマート安全帯ソリューション

スマート安全帯ソリューション

スマート安全帯ソリューションは、高所作業者が着用したセンサ付き安全帯(以下「スマート安全帯」)の使用状況をクラウド上で収集・管理し、危険状態にあることを管理者にアラート通知します。作業現場だけでなく遠隔地でも作業者の状態を把握することで、高所作業者の安全管理をサポートするソリューションです。

本ソリューションでは、作業員が「スマート安全帯」を着用し、「安全帯アプリ」をインストールしたスマートフォンを携帯します。管理者は、「労働安全ダッシュボード」を利用し、作業員の状況を把握します。

特長

安全帯使用状況の見える化、注意・危険状態のアラート機能による労働安全対策の強化

見える化によるけん制による作業員の安全意識向上、事故発生の未然防止

スマート安全帯ソリューションを活用することで、従来、人の注意力に頼ってきた安全管理に対し、ICTによる作業部門の見える化と作業員の安全確保を実現するとともに、墜落や転落による重篤な労働災害の未然防止、安全教育での活用等、新たな価値を提供します。

スマート安全帯ソリューション概要図

機能1 安全帯アプリ

スマート安全帯1セットの情報を取得し、クラウド基盤へ送信するために必要なスマートフォンのアプリです。

スマート安全帯の状態検知・通知機能

スマート安全帯のフックの状態をリアルタイムで取得することで、フックの状態検知を行います。スマートフォンの画面では、スマート安全帯の各フックの状態をアイコンで把握することが可能です。「警告」「警報」の状態を検知した場合、スマートフォンの音を発動させて知らせます。

▼安全帯アプリ画面例

機能2 労働安全ダッシュボード

クラウド基盤に収集されたスマート安全帯の状態を確認することが可能なウェブブラウザ用のアプリケーションです。部門、グループごとに情報を参照できます。

データ収集・管理機能

労働安全ダッシュボードにデータを収集します。また、ダッシュボード上で、ユーザーの情報を修正・更新することができます。部門・作業グループ毎にユーザーの紐付を実施することで、作業環境の変化に応じた運用が可能です。

見える化機能

部門別・グループ別の作業員の状態を1画面に表示することで、一度に把握することが可能です。作業員が警告・危険状態にあるとき、画面のアイコンで監理者に知らせます。また、作業員の日付別・時間別の作業履歴の表示、警告・危険作業が発生回数を集計する機能があります。

▼労働安全ダッシュボード画面例
危険・警告の作業員がひと目でわかる
作業数日分の履歴がひと目でわかる

サービスメニュー

  • 基本サービス
    スマート安全帯ソリューションにより提供される機能(データ収集・管理機能、状態検知・通知機能、見える化機能)をご提供する基本サービスです。また、本サービスにより、利用者・管理者用権限を持つIDを合計で5ID発行します。なお、本サービスを開始するために必要なスタートアップ作業も本サービスに含みます。
    参考価格:月額 25,000円
  • 利用者追加オプション
    既にご利用されているスマート安全帯のサービス利用者を1ID分追加するための追加サービスです。
    参考価格:月額 3,000円
  • 導入支援サービス
    スマート安全帯ソリューションサービス導入時に、安全帯アプリの準備やスマート安全帯サービスの利用開始等の準備のご支援を行います。また、本サービスを利用するために必要な教育を行います。
    参考価格:個別見積
  • トライアルサービス
    スマート安全帯ソリューションをご利用頂く前に、お客様のデータを元にトライアルを実施するサービスです。トライアルサービス環境で収集したお客様データを元にデータ加工し、お客様での業務活用についての報告を行います。
    参考価格:個別見積

※スマート安全帯の価格については、別途お問い合わせ下さい。

動作環境

注意

  • 利用する前に、現地でスマートフォンの通信環境の有無および電波状況の強弱などを確認してください。
  • 本サービスを利用するために必要となる回線利用料は、お客様手配となります。
  • スマート安全帯
    センサ付き安全帯
    推奨環境: 藤井電工製イプロンII
    必要台数: 1作業員につき1セット
  • スマートフォン
    インターネット環境に接続可能なスマートフォン。作業員が着用しているスマート安全帯の情報を、作業員自体に知らせるとともに、クラウド環境にデータを送信します。安全帯アプリのインストールが必要です。
    推奨環境: ・Android 6.0 以上
    ・BLE(Bluetooth Low Energy)4.1以上
    推奨機種
    ・Fujitsu Arrows M357
    ・Fujitsu Arrows M03

    必要台数: 1作業員につき1台
  • パソコン・タブレットなどの端末
    インターネット環境に接続可能なパソコン、タブレットなどの端末。
    Webブラウザを利用して労働安全ダッシュボードにアクセスします。
    推奨環境: ・Windows7 以上
    ・Internet Explorer 11 以上
    もしくは、Google Chrome 最新

    必要台数: 1作業員につき1台

機器の紹介

スマート安全帯

従来の安全帯のフックの3箇所にセンサが内蔵してあり、フックの状態「休止」「使用中」「外れている」を検知します。各フックの状態は、Bluetooth通信機により、随時スマートフォンに送信されます。スマート安全帯とスマートフォンは、Bluetoothペアリング機能により接続し、各フックの状態データ取得を行います。

使用するスマート安全帯の種類

スマート安全帯ソリューションのスマート安全帯は、藤井電工株式会社製のイプロンII(※1)を使用します。イプロンⅡは、フルハーネスの2丁がけの安全帯です。スマート安全帯本体についての着用方法、使用方法、メンテナンス方法などは、製品付属の取扱説明書をご参照ください。

※1「イプロン」は藤井電工株式会社の登録商標です。

▼スマート安全帯のしくみ

スマート安全帯ソリューションに関するお問い合わせ先

株式会社 富士通九州システムズ
スマート安全帯ソリューション担当
tel 電話:092-260-6223

ボタン