GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. プレスリリース >
  4. 2018年 >
  5. スマート安全帯ソリューションを発売開始

PRESS RELEASE

2018年4月24日
株式会社富士通九州システムズ

スマート安全帯ソリューションを発売開始

~ICT技術による現場の見える化で、高所作業員の労働災害対策を強化~

当社は、センサ付き安全帯を活用し安全情報の見える化を実現するソリューション「スマート安全帯ソリューション」を、藤井電工株式会社(本社:兵庫県加東市、代表取締役:藤井信孝、以下「藤井電工」)と開発しました。

2018年4月より日本国内の建設業、製造業をはじめ、高所作業を伴う企業様向けにSaaSサービスの販売を開始します。

当社は「スマート安全帯ソリューション」を活用したお客様との実証試験や、富士通グループ内での社内実践を開始し、今後も様々な分野へ展開していきます。

概要

「スマート安全帯ソリューション」は、高所作業員が着用したセンサ付き安全帯(注1)の使用状況を、作業員の携帯するスマートフォンにインストールした「安全帯アプリ」を用いて、クラウド上で収集・管理します。

管理者はタブレット・PCを用いて「安全管理ダッシュボード」にアクセスし、クラウド上で収集した各作業員のアラート状態を確認します。管理者は、作業現場だけでなく遠隔地でも作業者の状態を把握することが可能です。

スマート安全帯ソリューション概要

スマート安全帯ソリューション概要

本ソリューションでは、従来、人の注意力に頼ってきた高所作業者の安全管理に対し、ICTによる作業現場の見える化を実現するとともに、墜落や転落による重篤な労働災害対策の強化、安全教育での活用等、新たな価値を提供します。

サービス内容および価格

販売開始

  • 2018年4月24日

関連リンク

注釈

注1:センサ付き安全帯
藤井電工製のBluetooth Low Energy(BLE)モジュール・センサ付き安全帯(イプロンII)

特許について

  • スマート安全帯ソリューションで採用している作業状態の見える化機能に関し、日本国内で特許出願済みの技術を含みます。

「スマート安全帯」は㈱富士通九州システムズの商標です。

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

株式会社 富士通九州システムズ
エンジニアリングソリューション本部 デジタルシミュレーション部
tel 電話:092-260-6223

ボタン