GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース(FJQS/FQSS) >
  3. 2017年 >
  4. クレジット業界の国際的なセキュリティ基準「PCI-DSS」を取得

PRESS RELEASE

2017年10月2日
株式会社富士通九州システムサービス

クレジット業界の国際的なセキュリティ基準「PCI-DSS」を取得

当社は、クレジット業界の国際的なセキュリティ基準「PCI-DSS」の認定を取得しました。
2012年3月から小売業界向けクレジット決済サービス「Card-SaaS/CHANNEL Value 決済オプション」を提供しておりますが、近年、決済業界では、2020年に向けたクレジットカード取引における政府のセキュリティ対策方針(2017年実行計画)が発表され、対面加盟店(注1)にもセキュリティ強化が求められています。
 当社の決済センターは「PCI-DSS」に準拠することによってご利用加盟店様のセキュリティ対応の負荷を軽減し、高度なセキュリティ運用による安心安全なサービスを提供いたします。

当社は、小売業界向けのクラウド型決済サービス「Card-SaaS/CHANNEL Value 決済オプション」を提供しており、お客様の要件に合わせたカスタマイズがおこなえる柔軟なソリューションサービスとして、ご支持をいただいております。
近年、決済業界では2020年に向けたクレジットカード取引における政府のセキュリティ対策方針(2017年実行計画)が発表され、決済センターでは、2018年3月までにクレジット業界の国際的なセキュリティ基準「PCI-DSS」の準拠、対面加盟店(注1)は2020年3月末までにカード情報を非保持化するか、保持する場合はPCI-DSSに準拠することが求められています。
当決済センターは、1次ステップとして2017年8月にPCI-DSSの認定を取得しました。さらに2次ステップとして富士通グループ内で現在開発中の決済端末と連携することで、加盟店様でのカード情報の非保持化を実現し、お客様のセキュリティ対応の負荷を軽減いたします。 Card SaaS オーソリ中継サービス

製品名

Card-SaaS/CHANNEL Value 決済オプション

決済センターの特長

  1. 小売企業向けの業務支援機能
    小売業に精通している当社だからこそできるお客様の運用を意識した様々な業務支援機能を提供いたします。
    • カード会社別(店舗別)の売上照会
    • リアルタイムの取引照会 など
  2. 各加盟店要件に合わせたカスタマイズが可能
    お客様の要件に合わせてカスタマイズがおこなえる柔軟性の高いソリューションサービスを提供いたします。
  3. 加盟店運用のセキュリティ対策ノウハウ
    POSベンダが運用する決済センターだからこそできる加盟店運用を意識したセキュリティ対策の支援が可能です。

主な決済機能

  • 中継サービス
    クレジット、デビット、銀聯、新韓
  • ゲートウェイサービス
    伝票保管、電子マネー、ギフトカード、ハウス電子マネー、POSA

動作環境

  • オーソリ中継サービス
    当センター仕様に基づくTCP/IP接続
  • 売上伝送サービス
    HULFT8
  • WEB帳票機能
    • Internet Explorer 11 まで
    • Adobe Acrobat Reader DC 2015.008.20082 まで

用語説明

注1 対面加盟店:
実店舗にて決済をおこなうクレジット加盟店

関連リンク


記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通九州システムサービス 
産業流通ソリューション本部 第一流通ソリューション部 
icon-telephone 電話: 092-707-5640 
icon-form お問い合わせフォームへ