PRESS RELEASE

2018年10月31日
株式会社富士通九州システムズ

クレジット決済サービスのセキュリティ機能を強化し、政府の「実行計画」に対応

当社は、従来から提供している小売業界向けクレジット決済サービス「Card-SaaS/CHANNEL Value クレジット決済中継」(以下、本サービス)を機能強化し、2018年9月から提供を開始いたしました。

近年、政府のセキュリティ対策方針が発表され、対面加盟店(注1)にもセキュリティ対応が求められています。当社は、2020年に向けたクレジットカード取引における政府のセキュリティ対策方針「実行計画」(注2)を受け、IC決済中継サービスの拡充、加盟店様のカード情報非保持化の実現に向けたサービスを追加提供いたします。本サービスでは、ご利用加盟店様のセキュリティ対応の負荷を軽減し、高度なセキュリティ運用による安心安全なサービスを提供いたします。

背景

近年、決済業界では2020年に向けたクレジットカード取引における政府のセキュリティ対策方針「実行計画」(注2)が発表され、対面加盟店(注1)は2020年3月までにカード情報の非保持化(またはPCI-DSSへの準拠)が求められています。 また、「実行計画」(注2)では、クレジットカードの不正利用対策として2020年3月までにクレジットカードおよび加盟店のIC対応100%実現を掲げられています。

サービスの強化内容

  1. IC決済中継サービスの拡充

    本サービスでは、ICクレジット/IC銀聯カードの中継サービスの提供を開始しました。様々なセキュリティ要件を満たす必要があるIC決済の導入をサポートします。

  2. 加盟店様のカード情報非保持化の実現に向けたサービスの提供

    本サービスは、富士通グループ内で開発中の決済端末と連携することで、加盟店様でのカード情報の非保持化を外回り方式(注3)で実現し、加盟店様のセキュリティ対応の負荷を軽減いたします。

今後の取り組み

政府のキャッシュレス推進もあり、キャッシュレスに関するサービスは今後益々増えていくと予想されます。当社では、業界の動向を意識した更なるサービスの拡充に努めてまいります。

サービス名

Card-SaaS/CHANNEL Value クレジット決済中継クレジット
Card-SaaS/CHANNEL Value 決済中継(即時引落し型)デビット、銀聯、新韓、Alipay

決済センターの特長

  1. 小売企業向けの業務支援機能

    小売業に精通している当社だからこそできるお客様の運用を意識したさまざまな業務支援機能を提供いたします。

    • カード会社別(店舗別)の売上照会
    • リアルタイムの取引照会 など
  2. 各加盟店要件に合わせたカスタマイズが可能

    お客様の要件に合わせてカスタマイズがおこなえる柔軟性の高いソリューションサービスを提供いたします。

  3. 加盟店運用のセキュリティ対策ノウハウ

    富士通決済センターは、PCI-DSS認証を取得しており、加盟店運用を意識したセキュリティ対策の支援が可能です。

主な決済機能

[決済中継サービス]クレジット、デビット、銀聯、新韓、Alipay
[ゲートウェイサービス]伝票保管、電子マネー、ギフトカード、ハウス電子マネー、POSA

動作環境

[決済中継サービス]・当センター仕様に基づくTCP/IP接続
[売上伝送サービス(クレジット) ]・HULFT8
[還元データ送信サービス(Alipay)]・HULFT8
[WEB帳票機能]・Internet Explorer 11 まで
・Adobe Acrobat Reader DC 2015.008.20082 まで

注釈

  • 注1
    対面加盟店:
    実店舗にて決済をおこなうクレジット加盟店
  • 注2
    実行計画:
    クレジットカード取引のセキュリティ環境を整備するため策定された計画(2017年3月に策定され、2018年3月に改訂)
  • 注3
    外回り方式:
    クレジットカード情報が加盟店システムを通過しない方式

関連リンク

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ