GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 関東大雪(1月22日)発生時の物流貨物車両の走行状況について(速報)

PRESS RELEASE

2018年2月8日
株式会社富士通交通・道路データサービス
株式会社富士通鹿児島インフォネット
株式会社トランストロン

関東大雪(1月22日)発生時の物流貨物車両の走行状況について(速報)

株式会社富士通交通・道路データサービス(以下、FTRD、注1)と株式会社富士通鹿児島インフォネット(以下、KFN、注2)、株式会社トランストロン(以下、TTI、注3)は、本年1月22日の関東地方大雪時の物流貨物車両の走行状況を速報として分析しました。今後、関係機関とも連携して詳細な分析を予定しています。

概要

全国12万台の物流貨物車両に搭載された富士通製デジタルタコグラフから収集された走行情報をもとに、平常時と大雪発生後の走行状況を比較調査した結果について公開いたします。速報のため平常時として昨年10月の平日を利用しています。

1.平均旅行速度の比較(都心部)

【平常時】2017年10月3日(火)17時台 【大雪時】2018年1月22日(月)17時台

平均旅行速度の比較(都心部)【平常時】

平均旅行速度の比較(都心部)【大雪時】

図1 図2

・大雪時、1~9km/hの低速が、都心部全域に広がっている。

2.所要時間の比較(国道246号 多摩川周辺)

23時台に国道246号多摩川を通過した車両の断面①-② (2.5km)の所要時間を算出した。

【平常時】2017年10月3日(火) 23時台 【大雪時】2018年1月22日(月) 23時台

所要時間の比較(国道246号 多摩川周辺)【平常時】

所要時間の比較(国道246号 多摩川周辺)【大雪時】

図3 図4

・下り方面で平常時2~4分で通行する区間が、大雪時は1時間50分~2時間50分かかっている。

・大雪時、首都高・第三京浜通行止の影響を受け、上り方面の通行量が多くなっている。

参考

1.通行量の比較
(1)関東全域

【平常時】2017年10月3日(火) 17時台 【大雪時】2018年1月22日(月) 17時台

関東全域通行量【平常時】

関東全域通行量【大雪時】

図5 図6

・平常時と大雪時とでは、全体走行量が約22%減少している。

・東名厚木~用賀間の利用が減少し、第三京浜・横浜新道、首都高横羽線の利用が増加している。

(2)都心部

【平常時】2017年10月3日(火) 17時台 【大雪時】2018年1月22日(月) 17時台

都心部通行量【平常時】

都心部通行量【大雪時】

図7 図8

・大雪時、首都高の走行実績が減少傾向にある。

2.物流貨物車両の走行情報について

●富士通製の運行記録計(ネットワーク型デジタルタコグラフ)を装着して、日本全国の幹線道路を走行する物流貨物車両から、リアルタイムに1秒毎の走行情報を収集・蓄積

●運送事業者に関する秘密情報を秘匿化・抽象化した上で、交通安全と道路基盤の安定の用途に活用

物流貨物車両の走行情報について

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

注1 株式会社富士通交通・道路データサービス:
代表取締役社長 島田 孝司、本社:東京都港区。
注2 株式会社富士通鹿児島インフォネット:
代表取締役社長 松田 浩一、本社:鹿児島県鹿児島市。
注3 株式会社トランストロン:
代表取締役社長 大岡 信一、本社:神奈川県横浜市。

関連リンク

以上

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通交通・道路データサービス
icon-telephone 電話:03-6252-2360
受付時間:9時~17時(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。