GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 商用車走行実績データ解析サービス(MoXYZ)を販売開始

PRESS RELEASE

2016年9月1日
株式会社富士通交通・道路データサービス

商用車走行実績データ解析サービス(MoXYZ)を販売開始

~第一弾として特大車(トラック・バス)走行実績データを提供~

当社は、大型車両向けカーナビゲーションやGIS(地理情報システム)など地図サービス向けの新たなコンテンツとして、特大車(注1の走行実績データ(注2)を解析して情報提供する「商用車走行実績データ解析サービス(MoXYZ(モクシーズ))(以下、商用車走行実績データ解析サービス)」を9月1日より販売開始します。

本サービスは、日本全国を通行する貨物トラックのうち約7.5万台(注3)に装着されている、富士通株式会社(注4)のグループ会社である株式会社トランストロン(注5)製ネットワーク型デジタルタコグラフから収集・蓄積される走行実績データを基に、特大車の走行実績データを解析したデータを提供することで、これまで把握が困難であった特大車の走行経路を可視化でき、特大車の最適な輸送経路の選定や大型車両向けナビゲーションでの経路探索で活用いただくことが可能になります。

当社は、今後も物流関連サービスとして、トラックやバス事業者向けの運行ルート策定や物流不動産に関わる交通情報の提供など、株式会社富士通交通・道路データサービス(注6)のデータサービスを「oXYZ(オクシーズ)」シリーズとして提供し、物流業界の健全な成長に貢献していきます。なお、今回の「商用車走行実績データ解析サービス(MoXYZ)」は、本年6月に出荷開始した「輸送コスト適正化支援サービス(SoXYZ)」に次ぐoXYZシリーズ製品です。

背景

近年、物流業界では空港・港湾の国際貨物輸送量が増加傾向にあり、またドライバー不足が大きな課題となっています。それらの課題を背景として、輸送車両の大型化も加速傾向にあります。

そうした中、特大車を用いた輸送事業は、その車両の大きさから通行可能な道路が限定されるため、物理的に特大車が通行できる道路の把握が重要であり、最適な経路選択には、その通行可能な道路をネットワークとして把握することが求められます。

また、地図サービスを提供する事業者などが、自らの地図作成の為に定期的に道路環境を調査していますが、その頻度には限界があり、最新の走行実績をベースとした通行可能道路をネットワークとして把握することは困難でした。

当社は、このような課題の解決に向け、地図サービスを提供する事業者に、全国の貨物トラックのうち約1万台分の特大車走行実績データを活用した「商用車走行実績データ解析サービス」を提供します。

サービスの特長

「商用車走行実績データ解析サービス」は、富士通株式会社のグループ会社である株式会社トランストロン製ネットワーク型デジタルタコグラフで1秒ごとに収集される約7.5万台の貨物トラックの走行実績データから、特大車約1万台の走行実績データを解析することで、特大車が通行可能な道路を把握することが可能となります。

今回は第一弾として、四半期毎の特大車の走行実績データを提供します。四半期毎の最新の通行可能道路の情報を様々な地図サービスのコンテンツとして提供することで、輸送事業者が行う経路探索が大幅に効率化されます。

また今後、四半期毎の走行実績データに加え、曜日別や時間帯別の通行量と平均旅行速度、主要な都市間の平均所要時間、高速道路のサービスエリアやパーキングエリアでの平均休憩時間などの解析サービスも順次提供を予定しています。更に地図サービス事業者などが提供する道路ネットワークデータに合わせたデータの提供も予定しています。

図. 京浜エリアの特大車走行実績の地図表示サンプル(2016年4月 全時間帯集計結果)
図. 京浜エリアの特大車走行実績の地図表示サンプル(2016年4月 全時間帯集計結果)

販売価格、および出荷・提供時期

商品名 販売価格(税別) 出荷・提供時期
商用車走行実績データ解析サービス 個別見積 2016年9月

販売目標

2020年度末までに売上20億円(当社の決算期は3月末です。)

注釈

(注1) 特大車:普通貨物自動車(単体で4車軸以上で車両制限令限度超)

バス(乗車定員30人以上のもの、または車両総重量8t以上で車長9m以上のもの(いずれも路線バスを除く))

(注2)走行実績データ:GPSを搭載した大型商用車から得られる移動軌跡情報。

緯度経度・車両 ID・時刻などの情報が含まれている。

(注3)約7.5万台:2016年3月末時点

(注4)富士通株式会社:代表取締役社長 田中 達也、本社:東京都港区。

(注5)株式会社トランストロン:代表取締役社長 大岡 信一、本社:神奈川県横浜市。

(注6)株式会社富士通交通・道路データサービス:代表取締役社長 島田 孝司、本社:東京都港区。

関連リンク

「データ分析サービス」紹介サイト(株式会社富士通交通・道路データサービス)

http://www.fujitsu.com/jp/group/ftrd/business/

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通交通・道路データサービス
icon-telephone 電話:03-6252-2360
受付時間:9時~17時00分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。