GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 商品一覧 >
  3. パトライト®制御

株式会社パトライト製信号表示灯・報知器制御ツール FUJITSU Software パトライト® 制御

FUJITSU Software パトライト® 制御

機能  |  運用例  |  システム構築例  |  動作環境  |  価格  |  カタログ・資料  |


概要

パトライト® 制御」は、信号表示灯や報知器をコンピュータから制御するための製品です。

富士通の総合運用管理「Systemwalker Centric Manager」と連携して、システムトラブルが発生した時に、信号表示灯を点滅させることができます。

パトライト社のサイトへリンクしています

パトライト®は、株式会社パトライトの登録商標です。
信号表示灯や報知器の詳細については、パトライト社のサイトをご覧ください。

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください

特長

パトライト®制御の主な特長は、以下のとおりです。

クライアント・サーバシステム

「パトライト®を制御するサーバ」と、「サーバに指示を出したり、サーバの状態をモニタするクライアント」で構成されており、パトライト®の遠隔操作が可能です。

簡単な設定

パトライト®をパソコンに接続するためのプログラミングが不要なため、簡単な設定で、すぐに運用が開始できます。

コマンドによる一括操作

クライアント機能のコマンドを使えば、最大20台のサーバを一括して操作できます。
Systemwalker Centric Managerと連携すれば、システムでの事象発生の通知に利用できます。

きめ細かな制御

パトライト®の各ライトおよび報知器を個別に制御できます。システムで発生した事象によって、点滅させるライトの色を変えると、事象の切り分けに利用できます。


本製品に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム

カタログ・ご紹介資料


機能  |  運用例  |  システム構築例  |  動作環境  |  価格  |  カタログ・資料  |


このページに記載されている各社名および製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。