GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. プレスリリース >
  4. >
  5. UHF帯 RFID バッテリーレス電子ペーパータグ新技術を開発

プレスリリース

2018年10月10日
富士通セミコンダクター株式会社

UHF帯 RFID バッテリーレス電子ペーパータグ新技術を開発

~バッテリーレスソリューションによる電子ペーパーの新しいカタチ~

富士通セミコンダクター株式会社注1は、E Ink Holdings Inc.注2( 以下E Ink社)と共同で、電子ペーパーディスプレイの表示をUHF帯無線給電により、バッテリーレスで書換えることが可能な技術を開発しました。近接通信のNFCと違い、このUHF帯の技術を使用することにより、従来密着のみであったデータ書換え時の通信距離を大幅に改善し、電子ペーパーとUHF帯RFIDを組み合わせた新たなアプリケーションの創造が期待できます。

UHF帯 RFID バッテリーレス電子ペーパータグ
UHF帯 RFID バッテリーレス電子ペーパータグ

このバッテリーレス電子ペーパータグ新技術は、当社のバッテリーレスソリューション向けの UHF帯 RFID LSI「MB97R8110」によって実現されています。また、MB97R8110のユーザーメモリ領域には、不揮発性、高速書込み、低消費電力を特長にもつFRAM注3を使用しています。

従来の電子ペーパータグは、あらかじめ内蔵メモリに保存されたデータを表示するだけでしたが、FRAMを使用することで、画像データを任意に転送、かつ短時間で書換えることを可能としています。

加えて、当社ではバッテリーレス電子ペーパータグを容易に開発するために、E Ink社と共同開発したリファレンスボードの提供も開始しています。

当社の新技術を電子タグや物流ラベルに適用することで、離れた位置から目に見える情報の書換えが可能となり、さらにUHF帯 RFIDの通信距離で商品情報などのデータの一括読み出しが可能なため、作業時間の短縮と利便性の向上を実現することができます。また、紙のタグの場合、使い捨てになりますが、電子ペーパーは何度でも利用することができるため、環境・資源保護に貢献できます。

FRAMは、バッテリーレス機能とはきわめて相性の良い不揮発性メモリです。FRAMを組み合わせることでバッテリーレス無線でのデータストレージが可能となり、センサーや制御機器との連携により、産業界へ新たなイノベーションを起こすことが可能となります。

当社が今回発表している「UHF帯RFID バッテリーレス電子ペーパータグ技術」は、同時に開発している「バッテリーレス無線キーボード/リモコン技術」と共に、IoT時代の新たなFRAMの用途の一つとなることを目指し、今後のビジネス展開を図ります。

なお、今回発表しているバッテリーレスソリューションを、2018年10月16日(火)から19日(金)に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2018」のE Ink Japanブース(C005)に展示します。

ターゲットアプリケーション

物流ラベル、電子かんばん、電子ペーパータグ、電子ペーパー名札、IDカード、電子棚札 ほか

注釈

注1 富士通セミコンダクター株式会社

本社 神奈川県横浜市、代表取締役社長 曲渕 景昌。

注2 E Ink Holdings Inc.

本社:台湾新竹市科學工業園區力行一路3號、会長:Frank Ko

注3 FRAM

Ferroelectric Random Access Memory
強誘電体メモリ。強誘電体膜をデータ保持のキャパシタに利用したメモリ。電源を切っても内容を保持する。データの高速な書込み動作、低消費電力、書換え回数が多いといったROMとRAMの長所をあわせ持つ。FeRAMとも呼ばれる。当社では、1999年より量産開始。

関連リンク

本件に関する問い合わせ先


富士通セミコンダクター株式会社
システムメモリカンパニー
マーケティング統括部
icon-telephone 電話: 045-755-7035(直通)
icon-form お問い合わせフォーム


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MMQ934