GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. プレスリリース >
  4. 2015年 >
  5. ウェハーテスト事業の合弁会社設立について

プレスリリース

2015年9月17日
富士通セミコンダクター株式会社
株式会社テラプローブ

ウェハーテスト事業の合弁会社設立について

富士通セミコンダクター株式会社(神奈川県横浜市、代表取締役社長:曲渕 景昌、以下、富士通セミコンダクター)と株式会社テラプローブ(神奈川県横浜市、代表取締役社長兼CEO:渡辺 雄一郎、以下、テラプローブ)は、本日、富士通セミコンダクターの子会社である会津富士通セミコンダクター株式会社(福島県会津若松市、代表取締役社長:渡部 潔、以下、会津富士通セミコンダクター)とテラプローブがウェハーテスト事業に関する合弁会社「会津富士通セミコンダクタープローブ株式会社(仮称)」(以下、新会社)の設立に関する正式契約を締結したことをお知らせいたします。

会津富士通セミコンダクターの子会社である会津富士通セミコンダクターウェハーソリューション株式会社(福島県会津若松市、代表取締役社長:渡部 潔、以下、会津富士通セミコンダクターウェハーソリューション)は、高品質かつ少量多品種対応を強みとした「150mmウェハーファウンドリ事業」と「150mm、200mmウェハーテスト事業」を展開しています。一方、テラプローブは世界トップレベルの技術を駆使し、低コスト・高品質のテストサービスを提供しています。長年にわたり、富士通セミコンダクターグループはウェハーテスト委託を通じてテラプローブと強固なビジネス関係を築いてきました。今回、会津富士通セミコンダクターとテラプローブは、両社のパートナーシップの強化とさらなる事業の拡大と発展を目指し、ウェハーテスト事業の合弁事業を行うことで合意にいたりました。

新会社には会津富士通セミコンダクターウェハーソリューションのウェハーテスト事業を移管し、テラプローブが新会社の株式を取得します(持分比率は会津富士通セミコンダクターが65%、テラプローブが35%)。今後、2015年度第4四半期までに必要な手続きを完了し、営業を開始する予定です。

ウェハーテスト事業を新会社に移管

関連リンク

本件に関するお問い合わせ

富士通セミコンダクター株式会社
経営戦略室
icon-telephone 電話: 045-755-7009

icon-form お問い合わせフォーム

株式会社テラプローブ
IR Group
icon-telephone 電話: 045-476-5711


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MMQ934