GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通四国インフォテック

Japan

  1. ホーム >
  2. トピックス >
  3. 新年ご挨拶

新年ご挨拶

社長近影

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年は富士通より48名の新たな仲間を迎え、建設設備設計CADソリューション「CADEWA」、介護事業者様向けソリューション「介護の森」また富士通グループ会社に向けたシステム開発や運用サービスなどのソリューションビジネスが大きく拡大した年になりました。本年も引き続きソリューションビジネス拡大に取り組んでまいります。

さて国内の景気は企業の好調な業績に支えられ、本年も堅調に推移する見込みです。このような経済環境の下、国内企業のIT投資も引き続き増加傾向が続く見通しです。そして、その投資分野としては、AI、IoTといったデジタルテクノロジーの活用による新規ビジネスの創出や業務革新、働き方改革など、よりビジネスの成長を支援する「攻めのテーマ」にシフトしています。このような動きは、今までには考えられなかったような革新的なサービスやビジネスモデルを創出し、企業の成長を一層加速させ、更には産業や社会の在り方までも大きく変えていくと予想されます。企業におけるデジタル革新への取り組みは、試行段階からいよいよ実践の段階に入ったといえます。

私ども富士通四国インフォテックは、このような新しいテクノロジーやサービスにも積極的に取り組んでまいります。そして、お客様のビジネス成長に貢献すべく、富士通グループが持つノウハウ・スキルを最大限に活用し、高品質なソリューション、サービスをご提供してまいります。

また本年、富士通四国インフォテックは創立50周年を迎えます。改めまして皆様のご愛顧に対し、厚く御礼申し上げます。本年を大きな節目とし、また次の成長に向けた新たなスタートの年として位置づけ、これからも常に変革に挑戦し続けます。

四国に根ざして地域に貢献し、そして市場は四国から日本全国、そしてグローバルへ。今後ますます重要になるビジネスとICTの融合、ICTの利活用において、お客様との信頼関係を大切にし、お客様のベストパートナーとなれますよう一層努力してまいります。

本年も引き続き富士通四国インフォテックをよろしくお願い申し上げます。

2018年1月1日
株式会社富士通四国インフォテック
代表取締役社長
佐藤 孝弘