GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2017年 >
  4. イトーキ様の「働き方改革」を「IDリンク・マネージャー」で支援

PRESS RELEASE

2017年9月6日
株式会社富士通エフサス

イトーキ様の「働き方改革」を「IDリンク・マネージャー」で支援

残業を「見える化」するとともに、上司・部下間のコミュニケーション強化に貢献

当社は、株式会社イトーキ様(代表取締役社長:平井 嘉朗様、以下、イトーキ様)に、「FUJITSU Software IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止」を導入し、同社の「働き方改革」の取り組みを支援しています。

イトーキ様は、創業以来、「空間・環境・場づくり」を追求し、常に時代の最先端を切り拓く新たなオフィス環境、ワークスタイルの実現に取り組んでこられました。本年1月には、ミッションステートメント“明日の「働く」を、デザインする。-We Design Tomorrow. We Design WORK-Style.-”を発表、人々が働く環境や空間を、機能的で生産性をもたらす場に変えていくことを宣言されました。また社内の働き方改革実践にも注力し、朝型勤務、20 時以降の勤務禁止の導入なども業界に先駆けて施行されています。

イトーキ様では、その一環として、当社の「IDリンク・マネージャー」を採用され、残業が必要な場合は、予定残業時間、理由を事前申請、上司がそれを承認する仕組みとし、未承認の時間帯のPC利用を制限するシステムを実現しました。

これにより、残業時間ならびに業務内容の可視化が図れ、適正な労務管理を実現するとともに、上司と部下のコミュニケーション強化などにより、業務改善、平準化なども可能となりました。さらに社員の時間に対する意識を高めることにも成功しています。こうした取り組みにより、同社の社員一人当たりの年間所定外労働時間5%強の短縮に寄与いたしました。

当社は、今後とも、お客様の「働き方改革」を最新のICTでサポートし、多様な働き方を可能にする職場づくりに貢献してまいります。

近年、多くの企業が、生産性の向上、ダイバーシティの推進、多様なライフスタイルへの対応などを目的に、「働き方改革」を推進しており、従来の労働慣行や人事制度の見直しを図るとともに、ICTを活用した新しいワークスタイルに取り組むケースが増えています。

イトーキ様では、これまでのオフィス環境、ワークスタイルの進化に向けた取り組みを、さらに発展させ、本年1月、“明日の「働く」を、デザインする。-We Design Tomorrow. We Design WORK-Style.-”をミッションステートメントとして掲げ、お客様にとって最適な働き方を提案するとともに、自社でも朝型勤務の導入や有給休暇取得の推進、20時以降の勤務を禁止する制度づくりなどの「働き方改革」を推進しています。

当社は、このほど同社のこうした取り組みを、「IDリンク・マネージャー」の導入、運用を通じて支援しています。本システムでは、残業が必要な場合は、予定時間、理由を事前申請して上司に承認をもらう仕組みとし、承認されていない時間帯のPC利用を強制ログオフで制限しています。またスマートフォンにも対応し、上司は外出先からでも部下の申請状況を確認、承認することが可能です。

これにより、社員の残業時間や業務内容の可視化が図れ、適正な労務管理を実現するとともに、上司とのコミュニケーションが促進され、業務改善、チーム内での平準化などにも貢献しています。さらに社員一人ひとりの時間に対する意識を高めることにも成功しています。

この結果、イトーキ様の他の施策と合わせ、社員一人あたりの残業時間5%強の短縮に寄与することができました。

導入システムの概要

今回導入したシステムは、イトーキ様の勤怠管理システムと連携させ、残業を事前申請し、上司が承認する仕組みを構築して、未承認のPC利用を制限することで、社員一人ひとりの残業時間や業務内容の可視化を実現するものです。

【「IDリンク・マネージャー」システム利用イメージ】

【「IDリンク・マネージャー」システム利用イメージ】

導入効果

  1. 残業時間の削減
    • PC利用時間や業務内容の「見える化」により、不必要な残業を抑止
    • 上司が部下の残業理由や業務内容を把握できるようになり、業務の平準化が可能に
  2. ワーク・ライフ・バランスの最適化
    • 個人個人のタイムマネジメントに対する意識が向上し、業務の効率化を実現
    • 就業時間にあわせ、定時退社を促すメッセージをPC画面上にポップアップ表示
  3. コンプライアンスの強化
    • 勤怠管理システムと連携することで、正確な勤務実態の把握が可能
    • 出勤打刻のないPCログインを制御し、退勤打刻後はPCの強制シャットダウンも可能

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連リンク

イトーキ様ホームページ

「FUJITSU Software IDリンク・マネージャー 長時間残業抑止」

「IDリンク・マネージャ- 長時間残業抑止」(お客様専用の商品紹介サイト(動画コンテンツなど含む))

働き方改革をICTで支援する「IDリンク・マネージャー」のSaaS版を販売開始(プレスリリース) 2017年5月29日発表

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

報道関係お問い合わせ先

株式会社富士通エフサス
広報・宣伝部
icon-telephone 044-874-6209
icon-mail お問い合わせ

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通エフサス
総合窓口
icon-telephone 0120-860-242
受付時間:9時~12時、13時~17時(土曜・日曜・祝日、年末年始、当社指定休日を除く)
icon-form お問い合わせ

GTM-KJ2442