GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 導入事例 >
  3. 2008年 >
  4. 渡辺病院・ウェルフェア北園渡辺病院様

導入事例レポート 特定・特別医療法人明和会医療福祉センター 渡辺病院・ウェルフェア北園渡辺病院様

鳥取県東部地域の医療・福祉に携わる明和会医療福祉センター様をITインフラの構築でサポート。

こころのケアと高齢者の心身ケアを専門とする病院として、地域医療・福祉に携わる明和会医療福祉センター様。富士通エフサスは、安全で快適、しかも、ユーザーの使いやすさを重視したITインフラを構築することで、医療スタッフの業務をサポートしています。


導入までの背景

地域医療・福祉が大きな変革の時代を迎えるなか、将来を見据えたITインフラの構築を検討。

明和会医療福祉センター 理事長 渡辺病院 院長 渡辺憲様

ウェルフェア北園渡辺病院 院長 日笠親績様

地域社会の病院がそれぞれ役割分担をしながら医療に取り組む地域連携パスの動きが始まるなど、地域医療・福祉のあり方が大きく変わろうとしています。
こころの医療を専門とする渡辺病院様と慢性期疾患の治療・療養に携わるウェルフェア北園渡辺病院様を中心に、鳥取県東部地域の医療・福祉に携わる明和会医療福祉センター様では、これからの時代を見据えた質の高い医療サービスの提供を目指して、ITインフラの再構築を検討していました。
ITインフラの整備にあたってテーマとなったのは、医師や看護師などの業務の効率化によるサービスの向上と、将来を見据えたIT環境の構築。明和会医療福祉センター様では、「急性期型病院との連携など、地域連携パスが現実味をおびたときに即座に対応できるようにしておきたい」との思いから、ITインフラの再構築を決断しました。


導入以前の課題

  1. 医療スタッフが本来の業務に注力できるIT環境づくり
  2. 様々なシステムが快適に稼働するITインフラの構築
  3. 強固なセキュリティの確保

明和会医療福祉センター 法人本部 IT担当 馬渕慶起様

ITインフラの構築にあたって明和会医療福祉センター様が期待したものは、医療スタッフの業務のレベルアップ。
「特に看護師の負担を軽減したかった」というように、医療スタッフが本来の業務により注力できるIT環境の構築が課題となりました。
また、医療・福祉の世界でもIT化が急速に進んでおり、今後様々なシステムを導入したときに、それぞれが快適に、安定して稼働できる環境を整えておく必要もありました。さらに、地理的に離れた複数の病院・福祉施設をネットワークで結ぶことから、セキュリティの強化も課題となりました。


導入の概要

  1. ユーザーの使いやすさを重視したITインフラの構築
  2. システムの安定稼働を支えるためのネットワークの最適化
  3. 複数の病院・施設を結ぶネットワークを前提としたセキュリティ対策
  4. 運用・保守を含むトータルサービスの提供

富士通エフサス 中四国支社 山陰支店 梶谷孝二

過去10年間にわたって明和会医療福祉センター様をITで支えてきた富士通エフサス。今回のITインフラの構築でも、これまでの経験を生かしながら医師や看護師の皆様のニーズにお応えしました。
構築にあたっては、ユーザーにとっての使いやすさを重視。ネットワークを最適化することで、様々なシステムが快適に、しかも安定稼働するようにしました。また、渡辺病院様やウェルフェア北園渡辺病院様をはじめとする複数の病院・福祉施設をネットワークで結ぶため、セキュリティ面でも強化を図りました。
さらに、ITインフラがより効果的に機能するよう、運用・保守のサービスも提供しています。富士通エフサスでは今回のITインフラの構築にあたり、明和会医療福祉センター様にとって何がベストであるかを追求。
「例えば将来電子カルテを導入することになっても、ネットワークをそのまま活用できるようにした」というように将来を見据えたITインフラを構築しました。

サービス概要


導入の効果

病院業務の効率化に貢献。さらなるIT化が可能に。

ITインフラをリニューアルしたことで、様々なシステムが今まで以上に快適に稼働。その結果、医師や看護師など医療スタッフのIT活用が進み、業務の効率化を図ることができました。また、富士通エフサスがサポートすることで、情報システム部門のスタッフの負担も軽減できています。
明和会医療福祉センター様では、さらなるIT化を計画。「Webベースのワークフローの導入も検討したい」というように、ITインフラが整備されたことで、新たな可能性が広がっています。明和会医療福祉センター様では、富士通エフサスのフットワークを高く評価。
「ちょっとしたことでもほぼ20分以内で駆けつけてくれる。ここまで早い対応をしてくれて、本当に助かっています」というように厚い信頼を寄せていただいています。
富士通エフサスはこれからも明和会医療福祉センター様を全力でサポート。これまでに培った多彩な経験と高度な技術を生かして、よりよい医療を志向する明和会医療福祉センター様を支えていきます。

掲載日:2008年3月26日


特定・特別医療法人
明和会医療福祉センター 渡辺病院様

<所在地> 〒680-0011
鳥取県鳥取市東町3-307
<院長> 渡辺憲 氏
<開院> 1953年4月
<病床数> 317床
<ホームページ> http://www.mmwc.or.jp/
特定・特別医療法人 明和会医療福祉センター
ウェルフェア北園渡辺病院様

<所在地> 〒680-0003
鳥取県鳥取市覚寺181
<院長> 日笠親績 氏
<開院> 2000年3月
<病床数> 360床
<ホームページ> http://www.mmwc.or.jp/

<2008年2月現在>


本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

【お問い合わせ】

GTM-KJ2442