GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. 基盤ソリューション

基盤ソリューション

さまざまなOS、言語、ネットワークに精通した技術力で、装置のポテンシャルを最大限引き出す。

ミッションクリティカル分野での豊富な経験をベースに、高信頼・高性能な基盤ソフトウェアの開発を企画・設計から評価・検証まで、トータルにサポートします。

エンベデッド開発ソリューション

携帯電話やデジタル家電だけでなく、新しい情報端末の登場で、組込みソフトウェア(エンベッドシステム)の開発が注目されています。しかし、組込みソフトの開発は、ハードウェア開発者の思想を熟知し、限られた資源を有効に活用しなければならないなど、各専門分野におけるハイレベルなノウハウが要求されます。
富士通フロンテックは、オープン環境および特殊なI/O制御やI/Oの特性を利用したシステム化ノウハウなど、金融・流通分野の専門端末組込みソフトウェア開発を通じて培った技術を有し、製品のライフサイクル全体にわたるコラボレーションが可能。お客様のビジネスパートナーとして、新たな製品の企画、開発をサポートします。

  • 企画、設計から開発、評価、検証、展開、保守までを高い技術力でトータルにサポートすることが可能です。
  • ATM等で培った制御技術と大規模プロジェクト管理を活かし、高品質なシステム開発と漏れのない評価・検証サービスを実現します。
  • ネットワークプロトコルに対応したソリューションをご提供可能です。

開発実績

アプリケーション

  • ATMアプリ・営業店端末アプリ・POSアプリ・ハンディターミナルアプリ・携帯アプリ

ミドルウェア/ドライバ

  • ATMユニット制御ドライバ・カード発行制御ドライバ

ファームウェア

  • ATMユニット制御(紙幣ユニット、カードユニット通帳ユニット)・航空券発券機・公営競技投票券発券機・通信プロトコル・車載センサー

評価・検証実績

  • パソコンソフト評価・流通/店舗システム評価・携帯電話ソフト評価・Webシステム評価・金融機関営業店システム評価・サーバ監視ソフト評価・金融機関自動機システム評価・ICカード関連ソフト評価

JAVA/J2EE開発ソリューション

ITの観点から、お客様のマーケットの動きを先取りしたビジネス展開を支援していくことで、競争優位の確保に貢献します。そのためには、急速に変化するインターネットのシステム環境に即応しなければなりません。富士通フロンテックは、次の技術をもって最適なシステムの設計、およびコンポーネントをご提供します。

  • J2EEを中核にしたオブジェクト指向技術をキーテクノロジーに、円滑なプロジェクト運営を実現するアーキテクト
  • 「短期間・高品質」のシステム開発を実現するとともに、「オープン性・国際標準」「ライフサイクル全般でのシステム最適化」「エンジニアリングとマネジメントを両輪とするプロジェクト遂行」を実現する開発システム体系(SDAS)
J2EE(Java2 Enterprise Edition) Sun Microsystemsが提唱するサーバサイドJavaの技術仕様。XMLやWebサービスなどの技術も取り入れられている。
ThinClient サーバ側でアプリケーションソフトやファイルなどの資源を管理し、クライアントに置くプログラムを減らして、軽くしたクライアントのこと
RichClient 企業情報システムのクライアント環境のうち、アプリケーションの実行環境のみを搭載したもの
Applet WWW (World Wide Web)ブラウザ上で動作するJavaプログラム
FatClient クライアント/サーバシステムにおいて、多くのコンピューティング資源が搭載されたクライアント側PCのこと
JSP(JavaServer PagesJava) HTMLファイルの中にJavaプログラムを埋め込み、クライアントの要求に応じてプログラムを実行、処理結果のみをクライアントに送信する技術
EJB(Enterprise JavaBeans) 米国Sun Microsystems社が提唱している規約。Javaをビジネスアプリケーションで活用する際にサーバ側に必要な機能をまとめたEnterprise Java仕様の一部で、Webサーバなどに実装されている。
JDBC(Java DataBase Connectivity) Javaアプリケーションからデータベースを操作するAPI
CORBA(Common Object Request Broker Architecture) OMG (Object Management Group:オブジェクト指向技術の標準化団体)が規定したオブジェクト指向の分散処理環境を実現するための国際標準仕様

イメージトランザクション開発ソリューション

高度なイメージ認識技術とデータ転送のためのワークフローシステム構築技術をベースに、帳票業務などの事務処理を大幅に効率化するソリューションです。特に、金融機関で2万台以上の稼働実績を持つ「AutoEntry」は、金融分野のみならず幅広い分野に適用可能。OCR専用の帳票だけでなく、チェーンストア統一帳票、税公金帳票等の既存帳票を自動判別してコード化することを実現したクライアント・サーバ型汎用イメージ処理をご提供します。

ゲートウェイ開発ソリューション

オープン時代にあっても、レガシーシステムの資産は多く、既存ネットワークのノウハウは不可欠です。とくに業界再編や規制緩和が進展するいま、業界をこえたビジネス情報の流通を可能としながら、さまざまなネットワーク上でのセキュリティ確保が要求されます。そういったニーズに応え、お客様のビジネスネットワーク全体の中で、フロント/ミドル/バックの各業務のすべてのレイヤーに対し、つなぎ(システム接続)のノウハウをご提供します。
拡張性や保守性に優れる接続コンポーネント(BC100手順以上、CAFIS、FNA系、エミュレータ/ファイル転送(各データストリーム)、証券系XML/大手市場接続対応/保管/開示など)を多数開発した実績を活かし、容易にネットワークを構築。さらに、運用監視やリモートメンテナンスの構築後のネットワーク運用を含め、設計から保守・運用に至るまでトータルなソリューションをご提供します。

BC手順 BSC-C、JCA、全銀、FTS-C、BSC-P、L2B、HSC3等のベーシック伝送制御手順
CAFIS(Credit And Finance Information System) クレジットカード会社、金融機関、企業を幅広くオンライン接続するカードビジネス・ネットワークサービス
FNA(FujitsuNetworkArchtecture) 富士通が提供するネットワークアーキテクチャーであり、通信に関するさまざな制御を体系的に階層化したもの
XML(Extensible Markup Language) 拡張可能なマーク付け言語。 SGMLの規格をベースに、インターネットで利用しやすいように決められ、インターネットを利用した、ネットワーク型システムでの情報交換を可能にするデータフォーマットの規格として注目されている。
ASP (Application Service Provider) 通常はWebブラウザに渡されてから処理されるJavaScriptやVBScriptなどで記述されたスクリプトをサーバ側で処理し、処理結果のみをブラウザに送信する、Webサーバの拡張機能の一つ
FIX (Financial Information eXchange) 特に証券の電子取引をリアルタイムで行うために利用されるメッセージングの標準プロトコル
SNA (Systems Network Architecture) 米国International Business Machines Corp.によって開発されたIBM のハードウェア/ソフトウェア間の通信のためのデータ通信アーキテクチャー

お問い合わせ

当社へのお問い合わせ
本ソリューションに関するお問い合わせはこちらから。