GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2018年 >
  4. 50lx(ルクス)で動作し電池交換が不要な小型軽量の太陽電池センサー付きビーコンを開発

PRESS RELEASE

2018年5月8日
富士通フロンテック株式会社

50lx(ルクス)で動作し電池交換が不要な小型軽量の太陽電池センサー付きビーコンを開発

~蓄電機能で夜間や暗所でも活用でき、ビーコン周囲の温湿度・照度のセンシングが可能~

 当社は、株式会社富士通研究所(注1)の研究成果を活かし、太陽電池により倉庫内の通路や屋内の非常階段など50lx(ルクス)(注2)という低照度環境で動作するビーコンを開発しました。
 本製品は小型軽量でありながら、蓄電機能を搭載しており、真っ暗な場所でも約1日動作可能(フル充電時)で、さらに温湿度・照度センサーを搭載し、ビーコン周囲の環境データのセンシングを行うことができます。
 この度、様々な利用シーンにおいて実証実験を行うとともに、評価機の貸出を開始します。 
 第一弾として2018年3月から「会津若松Akisaiやさい工場」(注3)で実証実験を行っており、実験から得られた成果を反映して、製品の利便性、拡張性を向上させ、2018年度下期中に一般提供を開始する予定です。
 将来的には、本太陽電池センサー付きビーコンを使った新しいIoTソリューションを当社LCMサービスとして提供してまいります。

 なお、本ビーコンの試作機は2018年5月17日(木曜日)、18日(金曜日)に東京国際フォーラムで開催する富士通フォーラム2018に参考出展します。

開発の背景

 IoTの浸透に伴い、様々な施設内においてビーコンの活用範囲が拡大していますが、24時間稼働させるためには、商用電源の確保や電池の交換など給電の課題がありました。
 本ビーコンは、太陽光発電と蓄電機能を搭載しており夜間や暗い場所でも連続動作が可能です。また低照度(50lx)環境でも太陽電池のみで動作が可能であり、病院や倉庫、工場など様々な利用シーンでの活用が可能です。

太陽電池センサー付きビーコン
太陽電池センサー付きビーコン

本製品の特長

1. 低照度環境対応で利用用途が拡大

当社の電源制御技術により、低照度(50lx)環境でも太陽電池のみの発電で動作可能となっており、屋外はもとより照明を抑えた倉庫や工場等、屋内での様々な用途で利用可能です。

2. 蓄電機能により無光源時(夜間や消灯時)でも動作可能

蓄電デバイスとして電気二重層キャパシタ(注4)を搭載したことにより、夜間や消灯時などの無光源時でも連続で長時間稼働(約30時間)を実現し、幅広い現場に対応します。

3. 温湿度・照度センサーによる環境センシング

温湿度・照度センサーを標準搭載しており、周囲の環境をセンシング可能です。工場や施設等の温湿度管理や、冷凍・冷蔵食品や医薬品等の保管時・輸送時の温湿度管理等、様々なソリューションに活用できます。(センサーについては、用途に応じてカストマイズ可能)

4. 小型ボディで多機能を実現

123mm x 24mm x 12mmという小型ボディに、太陽電池と蓄電デバイス、複数センサーの搭載を実現しました。

評価機貸出開始時期

 2018年5月末~

今後の展開

 富士通ホーム&オフィスサービス株式会社(注5)を中心として富士通グループが運営している「会津若松Akisaiやさい工場」の一部で太陽電池センサー付きビーコンを設置し温湿度を測定する実証実験を2018年3月15日より開始しています。
 本製品は、電池交換が不要なため人の出入りをできるだけ避けたいクリーンルームに最適であり、また、小型軽量、電源供給が不要であるため設置場所の自由度が大幅に拡大しています。これにより、クリーンルーム内全体をムラなく管理し、場所による野菜の品質、サイズのバラツキをこれまで以上に解消し、やさいの安定栽培のレベルを向上させます。

 評価機貸出と並行して実証実験を行い、そこで得られた成果を反映して、製品の利便性、拡張性を向上させ、2018年度下期中に一般提供を開始する予定です。

本製品の主な仕様

項目 仕様 備考
通信部 BLE Bluetooth 4.2
搭載センサー 温度センサー、湿度センサー、照度センサー
※データ送信間隔:1秒毎~可変
-
電源 ・太陽電池(屋外/屋内両対応)
・余剰電力を蓄電し無光源時も動作可能
50lx以上で起動(温度条件あり)
発信情報に含まれる項目 温度、湿度、照度、電源電圧 個体識別するユニークIDを含む
無光源時の稼働時間 約30時間(フル充電時)
※データ送信間隔:1分の場合
-
充電時間
(フル充電までの目安)
・400lx(オフィス環境):8時間
・6,000lx(屋外の年間平均照度):1時間
-
外形寸法(D x W x H) D:約123mm x W:約24mm x H:約12mm(最厚部) -
重量 約30g -
動作環境 -25℃ ~ +60℃ ※結露なきこと -

注釈

注1 株式会社富士通研究所:
本社 神奈川県川崎市、代表取締役社長 佐々木 繁
注2 50lx(ルクス):
JIS照明基準では、企業の事務室などは750lx以上を推奨照度としています。50lxは屋内非常階段相当の明るさ。
注3 会津若松Akisaiやさい工場:
富士通ホーム&オフィスサービス株式会社を中心として、富士通グループが運営する、半導体工場のクリーンルームを転用し「FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウド「Akisai(秋彩)」」を活用した大規模植物工場。
所在地 福島県会津若松市
注4 電気二重層キャパシタ:
EDLC(Electric double-layer capacitor)。電極と電解液、セパレータで構成された、電気を蓄えたり放出したりできる蓄電デバイス
注5 富士通ホーム&オフィスサービス株式会社:
本社 神奈川県川崎市、代表取締役社長 植栗 章夫

登録商標または商標について

記載されている製品/サービス名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

 

以上

お客様お問い合わせ先

富士通フロンテック株式会社
ビジネス企画推進本部 ビジネス推進統括部 デジタルフロント営業部
電話:042-377-0445(直通)
受付時間:9時~17時00分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)


・タイトルと本文の一部を訂正しました。(2018年6月8日訂正)