GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

経営革新(ビジネス・トランスフォーメーション)

富士通総研の経営革新コンサルティングは、各企業・事業体における新たな事業戦略や事業構造変革の実現を支援いたします。

経営革新(ビジネス・トランスフォーメーション)

 

概要 サービスメニュー 富士通総研が選ばれる理由 事例・実績紹介

サービスの特徴

富士通総研の経営革新コンサルティングは、常に社会環境や経営環境変化を踏まえ、各企業・事業体のお客様に対し、経営や、事業戦略の策定を支援いたします。さらに、技術経営(MOT:マネジメント・オブ・テクノロジー)や環境経営といった新たな経営手法への取り組みも積極的に推進し、最新の動向なども踏まえた確かな知見を持ったコンサルティングを提供いたします。

今、企業・事業体を取り巻く環境は、これまでになく大きく変わろうとしています。少子高齢化や、グローバル化、コンプライアンスや、環境、安心・安全といった社会的要請の拡大などが挙げられます。経営には、今以上の効率化や、社会へのより高い付加価値の提供が求められています。

富士通総研では、そうした時代背景に最適な「経営戦略や事業戦略」の策定、それらを効果的、効率的に実現する「マーケティング戦略や組織・人材戦略」の策定のための取り組みが重要であると考えています。さらに、技術力がコア・コンピタンス(注1)化する企業・事業体にとって、技術投資のコストパフォーマンスを最大化し、新たな技術ノウハウを創出するMOTへの取り組みが重要になっています。

(注1) 自社の得意な競争分野。あるいはその分野に自社資源を集中する経営手法。

コンサルティング事例

経営革新(ビジネス・トランスフォーメーション)

データ活用でイノベーションを起こす ─変わるデータ活用へのアプローチ─

様々な人やモノの動きのデジタル化が進み、そのデータの活用の巧拙が企業の競争力の新たな基軸となり始めた。しかし、データ活用という古くて新しいテーマは、これまでも多くの企業が取り組んできたが、元データの整備だけに終わってしまう、何に活用するか具体化しないなど、なかなか成果に結びつかないことが多い。これに対し、昨今登場してきたセルフサービスBIツールという新たなテクノロジーを活用することで、現場部門が自らデータを分析・活用できる環境が整ってきた。本稿では、同環境を活用した、お客様の動線データという新たなデータに対する活用の実践事例をご紹介する。事例を通じて、データ活用の実現には、現場部門とデータの可視化、活用の検討を繰り返す、試行錯誤のアプローチが重要となることをお伝えしたい。

 

おすすめ関連レポート

当社のコンサルタント・経済研究所研究員による、ビジネス・レポートをご覧いただけます。

お問い合わせ・ご相談はこちら

当社のコンサルティング・サービス内容について、ご不明な点はございましたか?
経営やビジネスに関するお悩みがございましたら、以下のお問い合わせ方法からご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話でのお問合わせ
富士通総研お客様総合窓口
03-5401-8391

ご利用時間:8時40分から17時30分まで
(月曜日から金曜日、祝日を除く)
(注)電話番号はよくお確かめのうえ、おかけください。

オンラインでのお問い合わせはこちら