GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

エネルギー

エネルギー需要はますます増加する一方で環境問題や石油価格の高騰により、新エネルギーの活用が期待されています。新エネルギーの導入検討やCO2削減など環境対策の事業化、エネルギー事業を中核とするグループ連結事業に対するコンサルティングを行っています。

エネルギー

 

概要 サービスメニュー 富士通総研が選ばれる理由 事例・実績紹介

サービスの特徴

富士通総研のエネルギーコンサルティングは、電力・ガス・石油などのエネルギー関連事業者へのコンサルティングのほか、エネルギー政策に関するコンサルティングを提供しています。

近年、人々の生活が豊かになるにつれ、エネルギー需要はますます増加しています。一方で環境問題への対応、石油価格の高騰による使用料金の値上げなど、公共性を有するエネルギー事業者に対する目はますます厳しくなっています。

環境問題に対応するため、また、エネルギーコストを抑制するために、新エネルギーの活用が期待されています。

富士通総研では、新エネルギーの導入検討や環境対策を中心に、新エネルギー導入のフィージビリティスタディー(実行可能性調査)や、事業性評価など新エネルギー活用に関するコンサルティング、また規模設備を有するお客向けに設備保全管理の省力化を進めるコンサルティングを実施しています。

また、エネルギー事業を中核とするグループ連結事業を有するお客に対しては、ネットワーク技術を活用した新規事業を創造するための市場動向調査や技術動向調査、サービス開発や製品開発に関するコンサルティングを行っています。

コンサルティング事例

エネルギー

家庭部門のスマートな省エネへの鍵~HEMS普及に欠かせない「効果的で」「無理なく」「続けられる」省エネ・アシスト~

我が国における家庭部門のエネルギー消費は、生活の利便性・快適性を追求するライフスタイルの変化や世帯数の増加等、社会構造の変化により著しく増加し、今日では、第一次オイルショック当時の2倍以上のエネルギーが消費されています。とりわけ、エネルギー消費の中でも、家電製品の普及・大型化・多機能化、オール電化住宅の普及拡大等で、家庭内の電力の割合は大幅に増加しています。

こうした中、2013年4月に、電力小売り自由化が閣議決定され、今後、各家庭での電力の使い方については、より一層の工夫が望まれ、“スマートな省エネ”が求められていくことになるでしょう。

こうした家庭の電力消費のスマートな節減を実現するサービスとして、家庭内の情報ネットワークと連動し、電力の使用を効率化し、節電や二酸化炭素排出量の削減にも役立つHEMS(Home Energy Management System:家庭用エネルギー管理システム)が注目されています。

 

おすすめ関連レポート

当社のコンサルタント・経済研究所研究員による、ビジネス・レポートをご覧いただけます。

お問い合わせ・ご相談はこちら

当社のコンサルティング・サービス内容について、ご不明な点はございましたか?
経営やビジネスに関するお悩みがございましたら、以下のお問い合わせ方法からご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話でのお問合わせ
富士通総研お客様総合窓口
03-5401-8391

ご利用時間:8時40分から17時30分まで
(月曜日から金曜日、祝日を除く)
(注)電話番号はよくお確かめのうえ、おかけください。

オンラインでのお問い合わせはこちら