GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

エネルギー

エネルギー

エネルギー需要はますます増加する一方で環境問題や石油価格の高騰により、新エネルギーの活用が期待されています。新エネルギーの導入検討やCO2削減など環境対策の事業化、エネルギー事業を中核とするグループ連結事業に対するコンサルティングを行っています。

エネルギー

概要

サービスの特徴

富士通総研のエネルギーコンサルティングは、電力・ガス・石油などのエネルギー関連事業者へのコンサルティングのほか、エネルギー政策に関するコンサルティングを提供しています。

近年、人々の生活が豊かになるにつれ、エネルギー需要はますます増加しています。一方で環境問題への対応、石油価格の高騰による使用料金の値上げなど、公共性を有するエネルギー事業者に対する目はますます厳しくなっています。

環境問題に対応するため、また、エネルギーコストを抑制するために、新エネルギーの活用が期待されています。

富士通総研では、新エネルギーの導入検討や環境対策を中心に、新エネルギー導入のフィージビリティスタディー(実行可能性調査)や、事業性評価など新エネルギー活用に関するコンサルティング、また規模設備を有するお客向けに設備保全管理の省力化を進めるコンサルティングを実施しています。

また、エネルギー事業を中核とするグループ連結事業を有するお客に対しては、ネットワーク技術を活用した新規事業を創造するための市場動向調査や技術動向調査、サービス開発や製品開発に関するコンサルティングを行っています。

サービスメニュー

  • エネルギー事業戦略立案支援

    icon_planning

    エネルギー事業者には、保有する巨大な事業資産を活用すること、事業収益を確保しつつ地域社会を豊かにするような事業を行うことが求められています。常に変化を続ける地域社会のニーズに対応するためには先端的な技術動向やサービス市場動向に加え、それらを活用する知見やビジネスを実現するパートナーが必要となります。また、その事業を支えるシステムインフラも必要です。富士通総研のエネルギー事業戦略立案支援コンサルティングは、お客様の企業価値を高めるための事業戦略立案を支援いたします。

  • 設備保全最適化・ナレッジ伝承

    icon_analysis

    電力会社において、発電、配電設備は商品である電力を生み出す源泉であり、より少ない投資で、多くの売上を生み出す装置として管理することが求められるとともに、安心・安全を担保するために定期的あるいは、劣化予兆に伴いメンテナンスを行うことが法律的にも義務付けられています。富士通総研の設備保全最適化・ナレッジ伝承コンサルティングは、安心・安全の担保と設備保全費の低減という2つの課題を両立するために、メンテナンスをいつ行うか、どの部品をどこから購入すべきかなどを事実に基づいて判断し、最適化する業務(システム)の設計を支援いたします。

お客様総合窓口

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。