GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

製造

製造

製造業には、ものづくりによるグローバルな競合他社との差別化に加え、製品を取り巻く様々なサービスを組み合わせた高付加価値の事業展開が求められます。製品設計や生産、販売などの基幹業務改革だけでなく、経営・事業戦略の策定や人材育成など、多面的な視点でお客様の事業の強化を図ります。

製造

概要

サービスの特徴

富士通総研の製造コンサルティングは、20年以上のコンサルティング経験と、富士通グループとのシナジーを活かし、製造業のお客様の業務・IT・経営のすべての領域での変革を支援します。

インターネットの進展に伴い、情報共有が日常的に広範囲に可能となり、消費者の価値観の多様性が顕在化してきた昨今の市場に対して、業界構造の変化や事業構造の変化にいかにして対応するのかに悩まれているお客様が増加しています。変化に対応するため、モノを生産・提供するための基幹業務プロセスの再構成が従来から継続して求められていますが、それだけではなく、事業を効果的に運営するために、グローバルな視点での経営戦略策定や、少子化に伴って重要な経営資源である人材の育成戦略が重要になっています。また、富士通グループのITの見識を活かして、基幹業務プロセスの再構成を成功させる情報化戦略策定もCIO(最高情報責任者)に強く求められています。

サービスメニュー

  • ものづくりプロセス改革

    icon_planning

    現在の製造業には、地域やターゲット市場の特性に合った製品をタイミング良く適正な価格でグローバルに提供することが求められてきています。このため、企業では調達から設計、生産、販売、保守、リサイクル・廃棄などすべての業務において組織や地域を越え、最適な場所で、均質なオペレーションが実現できることを目指した、ものづくり改革への取り組みが進んでいます。

    富士通総研は、調達、生産、在庫・物流の最適化、製品ライフサイクルの適正管理、グローバルな製品同時切り替えなど、ものづくりにかかわるシステム・業務改善のノウハウを基に製造業の今後の動向を見据えた、ものづくり改革の実現を支援します。

  • サプライチェーンマネジメント改革

    icon_planning

    品質・納期・価格面で競争優位に立てる商品供給体制を構築していく方法に企業の大きな関心が集まっています。商品供給の体制作りには事業革新を伴ったIT化で、供給プロセス全体を通してモノと情報と資金の流れを全体最適化することや、市場(顧客、競合)の早期把握と対応、関連組織間の利害対立の解消と動機付けが必要です。

    富士通総研は、供給やマネジメントのモデル化とソリューション適用に製造業の今後の動向やトレンドの知見を加えることにより最適な商品供給体制の実現を支援します。

事例紹介

製造業のコンサルティング事例

富士通総研のコンサルティング事例の一部をご紹介します。

お客様総合窓口

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。