GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

業務改革(プロセス・イノベーション)

富士通総研の業務改革コンサルティングは企業活動を支えているプロセスの整合性に着目し、プロセスの改革を目指します。基幹プロセスはもとより、経営管理やSCM、CRMなども改革テーマとして支援いたします。

業務改革(プロセス・イノベーション)

 

概要 サービスメニュー 富士通総研が選ばれる理由 事例・実績紹介

サービスの特徴

富士通総研の業務改革コンサルティングは、業務の効率化を追求するBPR(Business Process Reengineering)や顧客起点のプロセス改革を実現します。

改革の対象として考えている領域は、第一に企業の基幹業務プロセスがあります。富士通総研独自の業務の見える化手法により、基幹業務プロセスの問題を明確にし、最適化計画策定をいたします。基幹業務のほか、サプライチェーン全体の視点で捉えるSCM(Supply Chain Management)、ソリューション導入も踏まえたCRM(Customer Relationship Management)改善も対象領域です。

富士通総研では、あらゆる企業活動におけるプロセスの改革に向け、総力を結集してお客様の支援をいたします。

コンサルティング事例

業務改革(プロセス・イノベーション)

最適化技術を活用した物流戦略における意思決定支援─物流拠点の立地の見直し─

富士通総研では物流分野において最適化技術を活用した意思決定支援コンサルティングを数多く実施しています。最適化技術を活用することにより大規模な施策においても定量的な評価が可能であり、施策の効果や複数の施策の優劣を明確にし、意思決定にかかる時間を短縮することができます。輸配送全体を俯瞰した施策の1つである「物流拠点立地の見直し」に最適化技術を活用した意思決定支援コンサルティングについてご紹介します。

 

おすすめ関連レポート

当社のコンサルタント・経済研究所研究員による、ビジネス・レポートをご覧いただけます。

お問い合わせ・ご相談はこちら

当社のコンサルティング・サービス内容について、ご不明な点はございましたか?
経営やビジネスに関するお悩みがございましたら、以下のお問い合わせ方法からご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話でのお問合わせ
富士通総研お客様総合窓口
03-5401-8391

ご利用時間:8時40分から17時30分まで
(月曜日から金曜日、祝日を除く)
(注)電話番号はよくお確かめのうえ、おかけください。

オンラインでのお問い合わせはこちら