GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

金融

金融機関を取り巻く経営環境は、グローバル化、自由化の中で激しく変化しています。金融業にとって最も重要な経営課題である、経営・リスクマネジメント、顧客チャネル改革およびIT戦略策定を支援します。

金融

 

概要 サービスメニュー 富士通総研が選ばれる理由 事例・実績紹介

サービスの特徴

富士通総研の金融コンサルティングは、「経営・リスクマネジメント」、「顧客チャネル改革」、「IT戦略策定」という重要経営課題に対して、豊富な実績に基づき、金融機関の競争力強化を支援します。

少子高齢化や、中国など新興国の台頭による国際環境変化といった経営環境変化の中で、日本産業の持続的な発展には、金融機関が新しい金融ビジネスモデルを構築・提供し、中核的役割を果たすことが必要となります。

新たなビジネスモデルの構築は高度な経営管理を伴って成功するため、「経営・リスクマネジメント」が重要課題となります。

また、サービス業視点で顧客との接点を再構築するための「顧客チャネル改革」も欠かせない要素です。従来の業態ごとの顧客チャネルではなく、金融市場から最適な商品・サービスを提供することが求められるからです。

さらに「IT戦略策定」も重要な変革テーマであり、多大なIT投資が必要な金融機関にとって、経営戦略を効果的・効率的に実現するIT投資が求められます。

このような金融機関のビジネス構造変革に対応したコンサルティングを提供します。

コンサルティング事例

金融

ハイパフォーマーの活動標準化によるセールス担当者のスキル底上げ A銀行様向け実態把握手法を用いた相談窓口の強化策立案支援

近年の経済環境の低迷により、収益の増強や健全性確保が課題となっている銀行では、リテール事業を強化し、保険商品や投信等の預かり資産セールスによる収入の拡大に取り組んでおり、今後、本格的な高齢化社会の到来やライフスタイルの多様化により、銀行の相談窓口は、相続相談や資産運用等、極めて多様なサービスへの対応が求められることが想定されます。
富士通総研が長年の経験で確立した「実態把握手法」をA銀行様に対して適用し、定量・定性面からセールス担当者におけるハイパフォーマーの活動特性を把握してスキル底上げ策を明らかにした事例をご紹介します。

 

おすすめ関連レポート

当社のコンサルタント・経済研究所研究員による、ビジネス・レポートをご覧いただけます。

お問い合わせ・ご相談はこちら

当社のコンサルティング・サービス内容について、ご不明な点はございましたか?
経営やビジネスに関するお悩みがございましたら、以下のお問い合わせ方法からご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話でのお問合わせ
富士通総研お客様総合窓口
03-5401-8391

ご利用時間:8時40分から17時30分まで
(月曜日から金曜日、祝日を除く)
(注)電話番号はよくお確かめのうえ、おかけください。

オンラインでのお問い合わせはこちら