GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. ビジネスサービス >
  4. リスク管理 >
  5. リスク管理・レジリエンス:サービスメニュー

リスク管理・レジリエンス:サービスメニュー

バリューチェーンの変容や規制強化、さらにはデジタル化の推進により、企業活動におけるリスク管理の重要性はますます高まるばかりです。また、どれだけリスク管理に取り組んだとしても過去に経験のない大規模災害やサイバー攻撃の前では、事前にリスクを完全に防御することは困難な時代になっています。富士通総研のリスク管理・レジリエンスサービスでは、企業のリスク管理強化とレジリエンス向上を通じて、お客様の事業活動基盤の強化を支援します。

概要 サービスメニュー 富士通総研が選ばれる理由 事例・実績紹介

不測の事態においても事業を継続するための事業継続マネジメント(BCM)の取り組みは、組織にとって重要な経営課題の1つとなっています。富士通総研では、事業継続計画(BCP)策定から運用までのマネジメントサイクル全般の構築、情報システムの継続性強化、新型インフルエンザへの対応など、BCMにおける様々な取り組み課題に関するソリューションを提供し、お客様組織におけるBCM定着化に向けてご支援します。

ビジネスにおけるICT利活用の進展や依存度の高まりに伴い、サイバーセキュリティへの対応はビジネスにおける最重要課題の1つとなっています。富士通総研では、ビジネス視点でのリスクアセスメントによる守るべき情報資産の特定から、サイバー攻撃への対応体制構築、ICT-BCPなど有事への備えを支援するコンサルティングにより社会および組織のセキュリティレジリエンス強化をご支援します。

大規模災害発生時には、支援物資の迅速な供給に必要なライフラインの情報共有や復旧、災害拠点病院の維持・受け入れ、さらに都市部においては主要駅での帰宅困難者の大量発生など、民間企業による個社の自助努力では解決困難な状況に陥ります。こうした社会課題に対し、地域・業界・官民などの組織を超えた「連携と協働の枠組みづくり」をご支援します。