GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

リスク管理(ビジネス・アシュアランス)

これからの企業経営には、制度対応のために取り組んできた内部統制や事業継続、情報セキュリティを「企業のリスクマネジメント」に積極的に活用することが求められています。
富士通総研のリスク管理コンサルティングでは、企業の社会的責任の履行とリスクマネジメントによる経営基盤強化を支援します。

リスク管理(ビジネス・アシュアランス)

 

概要 サービスメニュー 富士通総研が選ばれる理由 事例・実績紹介

サービスの特徴

富士通総研のリスク管理コンサルティングは、事業継続(BCM)、個人情報保護、ECM(文書管理)、リスクマイニング、IFRS、内部統制をテーマに、企業の経営基盤強化を支援します。

近年、ERM(Enterprise Risk Management)が注目されており、富士通総研では、リスクマネジメントは「企業経営の最重要課題」であると考えています。企業価値向上(攻めの経営)を図るためには、企業を取り巻くリスクを正しく評価し、的確に対応していくことが必要です。ここでいうリスクとは、自然災害だけでなく企業活動に影響を与えるあらゆる事象です。例えば、法規制や画期的な新技術、政権交代などがあげられます。しかし、これまで、企業の各部門が個別に対応してきたため、リスクマネジメントの目的や基準がバラバラでした。また、費用負担の面でも、評価や内部監査、報告のデータがバラバラのため、コストの重複が発生するなど、非効率的でした。富士通総研では、事業継続や内部統制などで実践してきたリスクアプローチを活用し、全社的なリスクマネジメントへと発展させていくために、企業の経営基盤強化を支援します。

コンサルティング事例

リスク管理(ビジネス・アシュアランス)

BCP成功の鍵!人・組織の危機対応力強化の実践~BCPの実効性を高めるシナリオ非提示型危機対応演習(経済産業省事業)~

企業が自然災害をはじめとする様々な危機的状況に直面する機会はますます増えてきています。大規模地震や風水害等の自然災害、火災・爆発事故、新型感染症、新興国における情勢不安等、事業活動の縮退や停止を余儀なくされた例は数多くあります。これに対して、企業・自治体等は、事業継続計画(BCP)への取り組みを進めていますが、BCPという文書の策定のみにとどまり、実効性が伴っていない場合が多く見られます。

この事例では、危機対応力を効果的に高める取り組みについてご紹介します。

 

おすすめ関連レポート

当社のコンサルタント・経済研究所研究員による、ビジネス・レポートをご覧いただけます。

お問い合わせ・ご相談はこちら

当社のコンサルティング・サービス内容について、ご不明な点はございましたか?
経営やビジネスに関するお悩みがございましたら、以下のお問い合わせ方法からご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話でのお問合わせ
富士通総研お客様総合窓口
03-5401-8391

ご利用時間:8時40分から17時30分まで
(月曜日から金曜日、祝日を除く)
(注)電話番号はよくお確かめのうえ、おかけください。

オンラインでのお問い合わせはこちら