GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース>
  3. 【PRESS RELEASE】話芸文化発祥の地で“辻講談”が甦える!浜町公園で日本橋文化を愉しむイベントを3月20日開催

【PRESS RELEASE】話芸文化発祥の地で“辻講談”が甦える!浜町公園で日本橋文化を愉しむイベントを3月20日開催

2017年3月6日
株式会社富士通総研

話芸文化発祥の地で“辻講談”が甦える!
浜町公園で日本橋文化を愉しむイベントを3月20日開催
~ 「習」「芸」「食」「情」 4つのテーマで実施 ~

株式会社 富士通総研(本社:東京都港区、代表取締役社長:本庄 滋明、以下 富士通総研)は、話芸などの日本橋文化を愉しむイベント、甦える辻講談『咄(はなし)の噺(はなし) 新しきコトの出るところ』を、2017年3月20日(月曜日・祝)に浜町公園(東京都中央区)で開催いたします。

図

「WAGEI OASIS連携協議会」が主催・運営。東京都・中央区等と連携しての開催となります。

注:本イベントは、地域の資源を活用することで旅行者の誘致につなげていく「地域資源発掘型実証プログラム事業(東京都)」の取組みの一つです。

ホームページ
『咄の噺 新しきコトの出るところ』Open a new window

パンフレット
『咄の噺 新しきコトの出るところ』Open a new window

【開催の背景】

日本橋東地区は主に江戸時代から伝わる歴史豊かな地域にあって、そのひとつに話芸文化の発祥地という地域の文化資源があります。『咄の噺』は、古典的なイメージが強い話芸文化について、多くの方の古いイメージを払拭し、物語が脈々と伝わって今日に至る伝承と、さまざまな表現によって伝えられてきた、表現の可能性やルーツについて紹介していくイベントです。

『咄の噺』の“咄”という文字は落語や講談など、お話自体に面白みを備えている際に用います。まさに“話芸”そのものを指しています。そして“噺”という文字は“むかし噺”“おとぎ噺”といった即物的な名称として使われています。つまり『“はなし”の“はなし“』というわけです。

また、サブタイトルには『新しきコトの出るところ』と配し、メインタイトルの“咄”と“噺”の文字にある、口へんを除いたつくりの部分の文字“新”と“出”を用いて、とんちの効いた国語の面白さを表現しています。

昨今、「日本文化」が世界中でブームになっておりますが、意外にも日本人は自身の文化について認識が乏しいのが現状です。『咄の噺』では、話芸文化を通して、たくさんの方が「日本文化」に触れ合っていただく機会として企画されております。

【『咄の噺』について】

東日本橋で発祥した話芸文化である講談のほか、習字などのワークショップ、日本古来の音楽などを楽しんでいただくイベントを「習」「芸」「食」「情」の4つのテーマに分けて実施します。

イベント当日は、会場に60畳の畳敷きが用意され、時間ごとに展開する話芸に耳を傾けながら、日本酒と江戸の食文化を同時に愉しむ、静かでゆったりとした日本橋ラグジュアリーを堪能いただくことができます。

【イベント概要】

  1. 「習」
    苔玉・茶会・習字・折り紙・工芸の5つのワークショップを体験できます。
  2. 「芸」
    講談発祥の地として、伝統文化と新しい表現による話芸文化、そして音楽を紹介します。
  3. 「食」
    日本橋東地区の名店15店が、得意な食材や技巧をもって、この日だけの特別限定メニューを提供します。
  4. 「情」
    クラシックから現代音楽まで、邦楽を交えた折衷のミニコンサートです。

注:特典について
『咄の噺』ご来場の皆様に、抽選で記念品が当たります。
また『甦える辻講談』プロジェクトに際し、LINEやFecebookでお友達登録いただくと、抽選で100名の皆様に「オリジナル薬研堀半纏手ぬぐい」が当たります。

■開催概要
日時 : 2017年3月20日 昼12時~22時
注:苔玉ワークショップと茶会ワークショップにご予約のお客様は、
11時40分までに受付にお越しください。

会場 :浜町公園

アクセス: 東京都中央区日本橋浜町2丁目44Open a new window
●都営地下鉄 新宿線 浜町駅A2口すぐ
●メトロリンク日本橋Eライン 浜町二丁目明治座前下車すぐ
●お車の場合は、中央区営浜町公園地下駐車場をご利用ください。

参加費 : 入場無料

申込方法 : 申し込み不要

主催 : 「WAGEI OASIS連携協議会」

URL : https://www.koudan.jp/Open a new window

以上

本イベントに関するお客様からのお問い合わせ先

株式会社富士通総研
担当:高橋・松田
Tel :03-5401-8386