GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 各種イベント・セミナー >
  4. ソーシャル・イノベーションと21世紀の資本主義

ソーシャル・イノベーションと21世紀の資本主義

― コミュニティ・デザインが企業と社会の未来を拓く ―

第2回トポス会議のご案内(English)

ビジネス・リーダーは「賢慮の人」(フロニモス)でなければならない――。

ピーター・ドラッカーの言葉を借りれば、「社会的な目的を実現し、社会、コ ミュニティ、個人のニーズを満たす」行動が求められているのです。これは時 代の要請でもあります。「企業の目的は利益の極大化である」とする20世紀の 資本主義は、とりわけ2008年のリーマン・ショック以降、賢慮に目覚めた人 たちから「ノー」を突きつけられています。

その一方で、サステナビリティのさらなる重要視、ソーシャル・アントレプ ルナーの登場、贈与経済や連帯経済といった非市場経済への再評価、コンシャ ス・キャピタリズム(理性ある資本主義)、コミュニティ・キャピタリズムとい った新しい資本主義の提唱など、現在の旧い資本主義ではなく(むろん共産主 義でもない)「第三の道」を目指す動きが、世界的に広がりつつあります。ひる がえせば、企業は、経済機関としてではなく、「社会機関」として活動すること が求められているといえましょう。

そこには、企業本来の大目的だけでなく、豊穣なるビジネス・チャンスが存 在しています。すなわち、社会、コミュニティ、個人に幸福をもたらすイノベ ーションや事業を創造することで経済的に報われる時代が訪れているのです。

第2回トポス会議では、ポスト資本主義の行方、企業と社会、そしてコミュ ニティの新しい関係、ソーシャル・イノベーションに求められるビジネスモデ ルなどについて、学際的に議論してまいります。

次世代のマネジメントを構想する経営層および経営企画部門、社会価値と経 済価値の同時実現を目指す事業開発部門やCSR部門、企業や市民部門とのコラ ボレーションを推進する自治体、ならびにNPO/NGOなど、日本においてソ ーシャル・イノベーションのドライビング・フォースを担う方々のご参加をお 待ちしております。

第1回の会場の様子

第1回トポス会議(2012年9月21日)会場の様子

第2回トポス会議は終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

開催概要

日時 2013年1月28日(月曜日) 13時~20時30分 (受付開始:12時30分)
会場 六本木ヒルズ森タワー49階 アカデミーヒルズ内タワーホール
住所:東京都港区六本木6丁目10-1 [地図] 電話:03-6406-6649
主催 主催:ワールド・ワイズ・ウェブ・イニシアティブ
後援:富士通総研
参加費 20,000円 (税金込み)
使用言語 日本語、英語 (同時通訳付)

プログラム

※プログラムは変更になる場合があります。

ダイアローグ・セッション1
「資本主義の未来、そして企業の目的を問う」
13時~14時50分
【パネラー】
岩井 克人
東京大学名誉教授/国際基督教大学客員教授/東京財団上席研究員

ウルフギャング・ムナール (Wolfgang Munar)
ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団 シニア・プログラム・オフィサー

福原 賢一
株式会社ベネッセホールディングス 代表取締役副社長兼CFO

【ビデオ・メッセージ】
ムハマド・ユヌス (Muhammad Yunus)
グラミン銀行創設者/2006年ノーベル平和賞受賞者

【コーディネーター】
紺野 登
多摩大学教授

武部 恭枝
プライム・コーポレーション代表
ダイアローグ・セッション2
「ソーシャル・イノベーションで「コミュニティ」をリ・デザインする」
15時~16時40分
【パネラー】
モム・ラーチャウォン・ディッサナッダー・デッサクン
(Mom Rajawongse Disnadda Diskul)
タイ王室メー・ファー・ルアン財団 事務総長

内藤 晴夫
エーザイ株式会社 代表執行役社長兼CEO

西田 治子
一般社団法人IMPACT Foundation Japan理事・事務局長

アシル・アーメッド
九州大学特任准教授

【ビデオ・メッセージ】
アンドリュー・モーソン (Andrew Mawson)
英国ブロムリー・バイ・ボウ・センター創設者

ファザル・ハッサン・アベド (Fazle Hasan Abed)
BRAC〔バングラデシュ農村向上委員会〕創設者兼会長

ユーシ・パユネン (Jussi Pajunen)
フィンランド・ウーシマー県ヘルシンキ市長

グラツィア・プラテッラ
イタリア時間銀行協会

【コーディネーター】
紺野 登
多摩大学教授

武部 恭枝
プライム・コーポレーション代表
ダイアローグ・セッション3
「ソーシャル・イノベーションの「イネブラー」としてのテクノロジー」
17時~18時30分
【パネラー】
バリー・ケイツ (Barry Katz)
スタンフォード大学コンサルティング教授/IDEOフェロー

エイヘ・テン・カーテ (Yge ten Kate)
オランダ水利管理局フューチャーセンター

黒川 清
東京大学名誉教授/一般社団法人IMPACT Foundation Japan 代表理事

石田 秀輝
東北大学大学院環境科学研究科教授

【ビデオ・メッセージ】
エデュアルド・ベルトラン・デ・ナンクラレス
(Eduardo Beltran De Nanclares)
モンドラゴン協同組合 イノベーション兼テクノロジー担当ディレクター

【コーディネーター】
紺野 登
多摩大学教授

武部 恭枝
プライム・コーポレーション代表
総括
18時30分~18時55分
野中 郁次郎
一橋大学名誉教授/w3i 発起人
ネットワーキング・セッション
19時~20時30分
交流会