GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. FRI経済研ワークショップ >
  4. 教育におけるデータ活用の可能性と課題

ページタイトルが入ります

富士通総研では、2019年2月20日(水曜日)に、FRI経済研ワークショップ「教育におけるデータ活用の可能性と課題」を開催いたします。

教育分野におけるデジタルテクノロジーの活用が拡がっています。小中学校においてもICT環境の整備が進み、タブレット端末等を活用した授業や遠隔授業が日常的に行われるようになりました。新たな潮流として、データ活用の取組みも拡がっています。データ活用は、教育のデジタル革命の本命とも言えるものです。データエコノミーが我々の生活を一変させたように、近い将来、教育の在り方を一変させる可能性を秘めています。

本ワークショップでは、ラーニングアナリティクス、データビジュアライゼーション、教育委員会や学校におけるデータ活用などの研究成果を紹介するとともに、今後のデータ活用に向けた可能性と課題を議論します。

お申し込み

注意:ご入力いただくIDは富士通IDとは異なります。

開催概要

日時 2019年2月20日(水曜日) 13時30分~15時30分 (受付開始:13時)
会場 富士通関西システムラボラトリ 【セミナーC】
住所:大阪府大阪市中央区城見2-2-6 [地図]
主催 株式会社富士通総研
定員 70名 (定員に達した場合、受付をお断りする場合があります)
参加費 無料

プログラム

プログラムの内容は一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。

(敬称略)

講演

13時30分~14時40分 教育・学習データの利活用の重要性とその展望
京都大学 学術情報メディアセンター 教授
緒方 広明
育むデザインとデータビジュアライゼーションの可能性 ~コミュニケーションの視点から~
株式会社ジイケイテック 企画開発部 シニアディレクター
小出 真理子
自分事として考え・学ぶためのデザインとは ~防災のためのデザイン事例から~
株式会社GK京都 第1デザイン部 シニアディレクター
卜部 兼愼
EdTechは教育を変えられるのか ~実践と定着の壁をどう超えるか~
富士通総研 経済研究所 主任研究員
蛯子 准吏

パネルディスカッション「教育におけるデータ活用の可能性と課題」

14時40分~15時30分
【パネリスト】
  • 京都大学 学術情報メディアセンター 教授 緒方 広明
  • 株式会社ジイケイテック 企画開発部 シニアディレクター 小出 真理子
  • 株式会社GK京都 第1デザイン部 シニアディレクター 卜部 兼愼
【モデレーター】
富士通総研 経済研究所 主任研究員 蛯子 准吏

講師紹介

プレゼンター
パネリスト

京都大学 学術情報メディアセンター 教授
緒方 広明

緒方広明氏

2017年4月より、京都大学学術情報メディアセンター 教授。研究は、モバイル・ユビキタス学習、協調学習支援(CSCL)、語学学習支援(CALL)、学習分析(ラーニングアナリティクス)、教育データサイエンスなどを研究。現在、IEEE Transaction on Learning Technologies等の副編集員長。

研究室のHP:http://www.let.media.kyoto-u.ac.jp/Open a new window
研究プロジェクトのHP:http://eds.let.media.kyoto-u.ac.jp/Open a new window

プレゼンター
パネリスト

株式会社ジイケイテック 企画開発部 シニアディレクター
小出 真理子

小出真理子氏

幅広いデザインに携わるGKデザイングループのなかで「科学的知見と技術へのまなざし」を基軸とする(株)GKテック所属。
民間・公共組織の先行開発プロジェクトへ参画、調査・構想、企画等に従事。 インタラクションや情報活用の新たなあり方を具体化すべく、ソフト/ハードの境界を越え、俯瞰的視点から提案を行う。

プレゼンター
パネリスト

株式会社GK京都 第1デザイン部 シニアディレクター
卜部 兼愼

卜部兼愼氏

GKデザイングループのなかで「総合デザインと企画・制作・マネジメントによる社会貢献」を目指す(株)GK京都所属。
大震災を機に防災ための図記号やサイン標識システム、防災マップや啓発コンテンツ等の研究・開発?提案活動に従事。 「より広く、わかりやすく、実用的な」 を目指し、伝える/伝わる防災情報デザインを行う。

NPO法人防災デザイン研究会 理事:http://add.or.jp/Open a new window

プレゼンター
モデレーター

株式会社富士通総研 経済研究所 主任研究員、(兼)富士通株式会社 文教・地域ソリューション事業本部
蛯子 准吏

ebiko

地域社会、組織、行動を情報の観点から分析し、社会システムと情報システムのあるべき姿をデザインする実践的研究に従事。
奈良市様で実施している総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」・文部科学省「次世代学校支援モデル事業」のプロジェクトマネージャとして教育におけるデータ活用の実証研究に取組む。

研究員紹介ページへ

ワークショップに関するお問い合わせ

FRI経済研ワークショップ事務局
icon-telephone 電話: 03-5401-8392(ご利用時間:平日10時~17時30分)
E-mail: fri-er_seminar@cs.jp.fujitsu.com

お客様総合窓口

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。