GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 特別企画コンファレンス >
  4. 加速する中国のデジタルイノベーション

加速する中国のデジタルイノベーション

加速する中国のデジタルイノベーション

   

events_conference-38

開催ご案内

富士通総研では、2018年11月26日(月曜日)、経団連会館において、特別企画コンファレンス「加速する中国のデジタルイノベーション」を開催いたします。

中国ではスマホ決済が当たり前となり、短期間で世界最先端のキャッシュレス社会に変貌しました。以前は労働集約型産業の「世界の工場」というイメージでしたが、今では「紅いシリコンバレー」と呼ばれるほどイノベーションへの取り組みが加速しています。

この背景には、経済成長率が低下する中で「中所得国の罠」を回避するために、イノベーション駆動の経済成長を目指す中国の政策があります。ネット規制や国有セクターによる様々な課題は残っているものの、イノベーションシステムを改革し、ベンチャー育成の政策を取り入れることで、草の根の革新や創業ブームが起き、ニューエコノミーの担い手が次々と生まれました。電子商取引やオンライン決済(Alipay)などを行うアリババ、ソーシャルメディアWeChatを運営しているテンセントなどの「ネット巨人」や、中国版Uberの滴滴出行、世界最大手のドローンメーカーであるDJIなどの「ユニコーン企業」に関するニュースを日本でもよく目にします。さらに、電気自動車や自動運転、AIなどのベンチャーも台頭してきました。

なぜ中国ではネット巨人が急成長し、数多くのユニコーン企業が生まれたのでしょうか。また、活発化する中国のイノベーション活動は一過性のブームで終わるのでしょうか。そして、デジタル時代のイノベーションを展開していくために日本は中国から何を学ぶことができるのでしょうか。

本コンファレンスでは、加速する中国のデジタルイノベーションの実態や背景をアリババで活躍されている現場の専門家のご講演と弊社研究員の研究報告によって明らかにします。さらに、日本発のビジネスモデルで世界展開を狙うメルカリの取り組みを紹介していただき、日本企業が中国から得られる教訓という視点も交えてデジタル時代のイノベーションを討議することで、日本への示唆を提起したいと考えています。

皆様のご参加をお待ちしております。

富士通総研 取締役執行役員専務 経済研究所長
長堀 泉

お申し込み

定員に達したため、申込受付を終了いたしました。

開催概要

日時 2018年11月26日(月曜日) 14時~17時20分 (受付開始:13時30分)
会場 経団連会館 2階 経団連ホール
住所:東京都千代田区大手町1-3-2 [地図] 電話:03-6741-0222(直通)
主催・協賛 主催:株式会社富士通総研、協賛:富士通株式会社
使用言語 日本語、中国語(同時通訳付)
定員 300名 (定員に達した場合、受付をお断りする場合があります)
参加費 無料

プログラム

プログラムの内容は一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。

(敬称略)

14時~14時5分

開会挨拶
株式会社富士通総研 代表取締役社長 香川 進吾

基調講演

14時5分~14時45分 加速する中国のデジタルイノベーション
ーアリババのイノベーションへの道ー


アリババ集団サプライチェーン研究センター責任者、エグゼクティブ専門家
游 五洋

研究報告

14時45分~15時5分 中国のキャッシュレス・イノベーション

株式会社富士通総研経済研究所 上級研究員
趙 瑋琳

研究報告

15時5分~15時25分 中国のベンチャー活動は持続可能か

株式会社富士通総研 経済研究所 主席研究員
金 堅敏
15時25分~15時40分

休憩

特別講演

15時40分~16時10分 日本発イノベーションの海外への挑戦―技術の社会実装のあり方

株式会社メルカリ Team AI Engineering Manager R4D officer
木村 俊也

パネルディスカッション「加速する中国のデジタルイノベーション」

16時10分~17時20分
【パネリスト】
アリババ集団サプライチェーン 游 五洋
株式会社メルカリ 木村 俊也
株式会社富士通総研 長堀 泉
株式会社富士通総研 金 堅敏
株式会社富士通総研 趙 瑋琳
【モデレーター】
株式会社富士通総研 浜屋 敏

20181126conference-prg.pdf (1.06 MB )

講師紹介

基調講演
パネリスト

アリババ集団サプライチェーン研究センター責任者、エグゼクティブ専門家
游 五洋(Michael You)

游五洋(Michael You)氏

2012年アリババ集団に移籍。アリババ研究院 副院長を歴任
主要研究分野:伝統的消費財企業のデジタルトランスフォーメーション、サプライチェーン革新、S2b(Supply chain platform To business)プラットフォーム等。

特別講演
パネリスト

株式会社メルカリ
Team AI Engineering Manager R4D officer
木村 俊也(Shunya Kimura)

木村俊也(Shunya Kimura)氏

2007年よりSNS企業にて研究開発を担当。機械学習の知見を活かして、レコメンデーションエンジンやグラフマイニングエンジン開発を担当。その他、自然言語処理学の知見を活かした広告開発や マーケティングデータ開発にも携わる。その後、技術を統括する組織の責任者を経て、インフラから アプリまで幅広いマネージメントを経験。2017年より株式会社メルカリにて研究開発のオフィサーを担当し、AIを中心とした幅広い研究領域のリサーチを担当。

ご挨拶

株式会社富士通総研 代表取締役社長
香川 進吾(Shingo Kagawa)

香川進吾(Shingo Kagawa)

1981年 電気通信大学電気通信学部経営工学科卒業後、同年 富士通入社。2012年4月同社 執行役員 ネットワークサービス事業本部長、2015年4月 執行役員常務 インテグレーションサービス部門副部門長、2016年4月 執行役員専務/CTO デジタルサービス部門長を経て、2018年4月より現職。コンサルティング部門および経済研究所の活動を通し、お客様の成長と社会の発展に貢献することを使命とし取り組んでいる。

パネリスト

株式会社富士通総研
取締役執行役員専務 コンサルティング本部長 経済研究所長
長堀 泉(Izumi Nagahori)

長堀泉(Izumi Nagahori)

慶応義塾大学経済学部卒。1981年富士通株式会社入社。金融機関担当のフィールドSEとして大手地方銀行、メガバンクを担当。2008年より富士通総研。2017年コンサルティング本部長就任後は業種・課題の横断能力およびクロスインダストリ的発想力強化のためのライン一本化や、専門性を明確にしたグループ制導入などコンサルティングスタイルの変革に着手。2018年より現職。<経済研究><コンサルティング><研究開発>三分野のシナジーを最大限に発揮できるエッジの利いた会社組織を目指す。

研究報告
パネリスト

株式会社富士通総研 経済研究所 主席研究員
金 堅敏(Jianmin Jin)

金 堅敏(Jianmin Jin)

中国浙江大学大学院/横浜国立大学国際開発研究科修了。博士。専門は、通商政策、中国経済・産業、ニューエコノミーとIoT時代のイノベーション政策/活動。 主な著作に『図解でわかる中国有力企業と主要業界』、『華人エコノミストの見た中国の実力』(共著)、「中国のネットビジネスの革新と課題」、「産業の高度化を狙う中国製造2025を読む」、「IoT時代で活発化する中国のベンチャー活動は持続可能か」、“The Changing Currents of Transpacific Integration: China, the TPP, and Beyond”、ほか。

研究報告
パネリスト

株式会社富士通総研 経済研究所 上級研究員
趙 瑋琳(Weilin Zhao)

趙瑋琳(Weilin Zhao)

中国遼寧省出身、2002年に来日。2008年東工大院社会理工学研究科修了、イノベーションの制度論、技術経済学にて博士号取得。早大商学学術院総合研究所を経て2012年より現職。中国経済、産業集積とイノベーション政策、デジタルイノベーション、ソーシャルイノベーションなどに関する研究を行っている。論文・執筆・講演多数。日刊工業新聞電子版「中国イノベーション事情」にて連載執筆(2017年)。現在、SankeiBiz「高論卓説」に定期的に寄稿。

モデレーター

富士通総研 経済研究所 研究主幹
浜屋 敏(Satoshi Hamaya)

浜屋 敏(Satoshi Hamaya)

富士通(株)に入社後、(株)富士通総研に出向し、情報通信技術と組織・社会との関係に関する調査研究などに従事。米ロチェスター大学MBA。早稲田大学ビジネススクール、立教大学講師。著書に『IoT時代の競争分析フレームワーク』(共著、中央経済社)、『プラットフォームビジネス最前線』(共著、翔泳社)、『ビジネスモデル・イノベーション』(共著、東洋経済新報社)など。

本イベントのお問い合わせ

株式会社富士通総研 経済研究所 特別企画コンファレンス事務局
icon-telephone 電話: 03-5401-8392(ご利用時間:平日10時~17時)
E-mail: fri-sp_conference@cs.jp.fujitsu.com

お客様総合窓口

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。