GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 特別企画コンファレンス >
  4. SDGs時代の企業経営-企業価値創造とビジネス機会-(ご報告)

SDGs時代の企業経営-企業価値創造とビジネス機会-(ご報告)

SDGs時代の企業経営-企業価値創造とビジネス機会-

   

events_conference-37

ご報告

English

富士通総研では、2018年2月5日(月曜日)、経団連会館において、特別企画コンファレンス「SDGs時代の企業経営-企業価値創造とビジネス機会-」を開催いたしました。

開催概要・プログラムへ

抄録

20180205特別企画コンファレンス抄録(表紙)

特別企画コンファレンスを抄録にまとめました。下記よりダウンロードしてご覧ください。

特別企画コンファレンス抄録(2018)
SDGs時代の企業経営-企業価値創造とビジネス機会-

特別企画コンファレンス会場の様子当日の会場の様子
経団連会館 国際会議場(東京・大手町)

2016年1月に国連の持続可能な開発目標(SDGs)がスタートしてから2年が経過しました。国際社会が2030年までに達成すべき目標として17目標169ターゲットから構成されるSDGsは、対象範囲が極めて広範ですべての国・地域に適用されることから、社会課題解決の取り組みを考える際のグローバルな「共通言語」とみなされます。企業にとってSDGsは義務ではありませんが、その効果的な実施のために、人材・技術・資金を持つ企業の役割に対する国際社会の期待は大きくなっています。換言すればSDGsに示された社会課題の解決はビジネス機会につながるとも言え、2030年時点で世界全体で年間12兆ドル、アジア域内でも年間5兆ドルの市場規模が見込まれています。一方で、SDGs達成に悪影響を及ぼす企業活動はリスク要因となります。ESG投資への対応やサプライチェーン管理においても、SDGsへの影響把握と情報開示の重要性が増しています。

日本国内でもSDGs達成に向けた企業の役割に対する関心が高まっています。政府もSDGs実施指針において企業の貢献の重要性の認識を示し、支援策などが検討されています。2017年11月に改訂された日本経団連の企業行動憲章においても、SDGs達成への貢献が明示されました。大手企業を中心に国内企業も、SDGsの認識表明から方針・戦略策定や事業との関連付けなど、試行錯誤ながら具体化に向けた取り組みが始まっています。今後、一過性のブームに終わることなく、2030年までの長期にわたって、企業価値創造とビジネス機会の獲得につなげられる取り組みとしていけるかどうかが問われています。

本コンファレンスでは、SDGsを巡る企業経営のあり方に関する国際的な潮流を把握するとともに、日本国内の取り組みの現況整理と課題抽出を行いながら、日本企業がSDGsの視点を活用して継続的に企業競争力を維持・強化するための具体的な企業経営のあり方や課題などについて議論をいたしました。

当日は、300名程のお客様にご来場いただき、大盛況のうちに終えることができました。

以下に当日の講演者の様子および講演資料(公開可能なもののみ)をご案内いたします。
(講演者の所属はコンファレンス当日のものです)

基調講演

アレハンドロ・リトフスキ氏

「The SDGs: a corporate framework for strategic risks and growth opportunities.」

アース・セキュリティ・グループ
チーフエグゼクティブ
アレハンドロ・リトフスキ 氏
PDF講演資料ダウンロード(1.88MB)

関 正雄氏

「SDGs経営とは何か ~トランスフォーメーションの時代に求められるもの~」

損害保険ジャパン日本興亜株式会社 CSR室
シニアアドバイザー
明治大学経営学部 特任准教授
関 正雄 氏
PDF講演資料ダウンロード(875KB)

研究報告

生田 孝史

「日本企業のSDGsの取り組みの現状と課題」

富士通総研 経済研究所 上席主任研究員
生田 孝史
PDF講演資料ダウンロード(1.67MB)

パネルディスカッション
「SDGs視点による企業価値創造とビジネス機会」

パネルディスカッションでは、 「SDGs視点による企業価値創造とビジネス機会」と題し、パネリストに、基調講演いただいたアレハンドロ・リトフスキ 氏、関 正雄 氏のほか、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD) ジュリアン・ヒル-ランドルト 氏、MSCI ESGリサーチ 鷹羽 美奈子氏、住友化学株式会社 福田 加奈子氏、富士通株式会社 藤崎 壮吾 氏をおむかえし、モデレーターを生田が務め、多彩かつ質の高い議論が交わされました。

パネルディスカッション(風景1)
パネルディスカッションの様子
(写真左から) 生田、リトフスキ氏、関氏

パネルディスカッション(風景2)
パネルディスカッションの様子
(写真左から) ヒル-ランドルト氏、鷹羽氏、福田氏、藤崎氏

【パネリスト】

  • 持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD) サステナブルライフスタイル ディレクター ジュリアン・ヒル-ランドルト 氏
    PDF講演資料ダウンロード(5.53 MB )
  • MSCI ESGリサーチ ヴァイス・プレジデント 鷹羽 美奈子 氏
    PDF講演資料ダウンロード (1.48 MB )
  • 住友化学株式会社 CSR推進部長 福田 加奈子 氏
    PDF講演資料ダウンロード (2.08 MB )
  • 富士通株式会社 環境・CSR本部 CSR・SD戦略統括部長 藤崎 壮吾 氏
    PDF講演資料ダウンロード (1.56 MB )
  • アース・セキュリティ・グループ チーフエグゼクティブ アレハンドロ・リトフスキ 氏
  • 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 CSR室 シニアアドバイザー
    明治大学経営学部 特任准教授 関 正雄 氏

【モデレーター】

  • 富士通総研 経済研究所 上席主任研究員 生田 孝史

お客様総合窓口

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。