GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 調査・研究成果 >
  3. 研究レポート >
  4. 2011年>
  5. Startup Acceleratorの現状と展望―変化する起業の形から考える今後のICTビジネス―

Startup Acceleratorの現状と展望

―変化する起業の形から考える今後のICTビジネス―

主任研究員 湯川 抗

2011年9月

要旨

  1. 近年、創業間もない、あるいはこれから創業するような段階のベンチャー企業や創業チームに対して小額の資金を投資し、短期集中の育成プログラムを実施するStartup Acceleratorが数多く生まれている。これらStartup Acceleratorは新たなICTベンチャー企業を次々と生み出し、その存在感を増している。
  2. 本稿は、現在注目されている13社のStartup Acceleratorと、そのプログラムを詳細に分析した。これらStartup Acceleratorが注目される背景には、ICTビジネスにおいて、起業自体が以前と比べて容易になっていること、及び起業家にとって実質的なアドバイスの価値が資金の価値よりも高くなっていることがある。大手ICT企業やVCといったベンチャー企業に関わるプレイヤーは、今後こうした起業環境の変化を踏まえて行動しなければならない。

全文はPDFファイルをご参照ください。

Startup Acceleratorの現状と展望―変化する起業の形から考える今後のICTビジネス― [702 KB]