Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 調査・研究成果 >
  3. 実践知研究センター

実践知研究センター

「実践知研究センター」は、共通善にもとづいた事業活動を実現するために必要なビジネスモデルやリーダーシップのあり方について、実践的な研究活動を行います。これにより、現在の日本企業に漂う閉塞感を打破し、社会への貢献と企業の成長を両立させるための条件や道筋に関して情報発信し、提言していきます。

新着情報

(所属・役職は当時のものです)

実践知研究センターについて

株式会社富士通総研は、2011年4月1日付で、当社経済研究所理事長の野中郁次郎をセンター長とする「実践知研究センター」を設立いたしました。

 設立にあたってのご挨拶(2011年4月)

センター長ご挨拶

2014年7月1日付で、富士通株式会社 執行役員常務 松本端午がセンター長に就任いたしました。

 松本センター長ご挨拶(2014年7月)

対談

実践知研究センターの初代センター長である野中郁次郎との対話の場を通じ、「実践知」について考えていきます。

イベント

SCRUM

Thinkers50

その他プロジェクト