GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

『ER』No. 8

『ER』No.8    日本学から「知」を考える

2018年5月21日発行

【経済研究所長ごあいさつ】

  • 長堀 泉
    富士通総研 取締役執行役員専務 経済研究所長

【巻頭言】

  • 「包容力を示す」
    森本 公誠
    東大寺長老

【論文】

  • 「日本の精神性」
    山折 哲雄
    宗教学者
  • 「ゆたかな有限性の方へ」
    竹内 整一
    鎌倉女子大学教授
  • 「美意識に見る日本人の精神性」
    田中 久文
    日本女子大学人間社会学部 教授
  • 「魂の遍歴」
    ジョン・ハラムカ
    ハーバード・メディカルスクール 教授
  • 「データが示す炎上の意外な事実と情報社会の未来」
    山口 真一
    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 講師
  • 「曖昧さと不完全性の中に存在する「無」と「有」」
    カタリーナ・エプレヒト
    万聖教会博物館(スイス・シャフハウゼン) ディレクター
  • 「私たちの地方創生」
    岩山 尚美
    富士通 四国支社 エリア戦略推進部
    川村 晶子
    富士通 四国支社 エリア戦略推進部
    由比 良雄
    富士通 四国支社 高知支店
  • 「地域資源の戦略的活用」
    渡邉 優子
    富士通総研経済研究所 上級研究員
  • 「人類2.0だけが生き延びる」
    武 理一郎
    富士通研究所 准フェロー

【編集後記】

  • 浜屋 敏
    富士通総研経済研究所 研究主幹

er2018no08.pdf (1.16 MB )

アンケート

『ER』に関するアンケートにご協力をお願いします。

お客様総合窓口

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。