Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 経済研究所 >
  3. 研究テーマ

研究テーマ

富士通総研 経済研究所では、『グローバルを見据えた、日本の持続・共生的イノベーションに寄与する研究を行う』というビジョンのもとに研究活動を行っています。具体的なテーマの一部は、以下の通りです。どのテーマについても、グローバルな視点と情報通信技術(ICT)の活用、実社会へのインパクトを重視しているのが、私たちの特徴です。

イノベーション基盤に関する研究

  • マイナンバーおよび電子政府・電子自治体
  • 人を中心とした公共経営・地域経営に関する問題点
  • 「立法爆発」に対応するための新しい立法環境のあり方
  • 空き家・空き地などの土地・不動産のマネジメント
  • ヘルスケア分野における新しいイノベーションの可能性
  • 少子高齢化時代の製造業における知識活用・人材育成の国際比較
  • IoT時代の到来とイノベーションの民主化に対応した事業モデルと人材像
  • ICTが支える将来の社会像と新しい事業機会
  • コーポレートベンチャリング

持続可能で共生的な社会に関する研究

  • 自然資本を活用した地域活性化施策のあり方
  • 地域レベルの社会インパクトを考慮したICT活用
  • 雇用・人口動態を含んだ統合経済・技術評価モデル
  • エネルギー経済モデルのインテグレーション手法
  • ソーシャルイノベーションのための起業環境とその国際比較
  • 地域ベースの包括的富(インクルーシブウェルネス)指標の構築
  • 再生可能エネルギーの普及拡大・エネルギー効率向上を地域で実践するための課題

また、当経済研究所では、上記のような研究活動の他に、関連テーマに関する受託研究、外部の研究者との連携や国内外の研究機関・カウンシル等への参加も行っています。