Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 今、話題のコンサルティング >
  3. なぜ今、ワークスタイル変革か

なぜ今、ワークスタイル変革か

ワークスタイル変革

少子高齢化による国内労働力の減少。しかし環境さえ整えば、子育てや介護、勉強をしながら働きたい優秀な人は女性・男性・外国人にかかわらず、たくさんいます。また、急速なグローバル化による競争の激化、価値観の変化、ニーズの多様化、テクノロジーの進化(端末やデバイスの多様化、ネットワークの高速化、クラウドサービスの進展等)に伴い、社内外コミュニケーション・コラボレーションのあり方だけでなく、在宅勤務やフレックス制の導入など人事労務制度を含めた見直しが求められています。リーマンショックの余波で経済的な危機感が強かった頃、企業は財務体質を改善すべく人員削減などの改革を推進しました。やがて経済危機が和らぐと、企業は守りから攻めに転じ、事務、企画、営業等のホワイトカラーの業務を包含したワークスタイル変革に取り組み始めています。

今日的なワークスタイル変革とは、単なる業務合理化(BPR)やICTの活用を指す概念ではありません。コスト削減に着目しながらも、グループ・グローバルでのコミュニケーション、情報共有、人とのつながり方を抜本的に刷新し、結果的に「生産性向上」、「顧客価値最大化」、「イノベーション」などの効果を創出することで他社と差別化し、競争優位性を築くための全社的な変革活動です。

これらの成果を創出するためには、雇用や就労形態の多様化、組織のフラット化、新規ビジネス機会の創出、ワークライフバランスの適正化など複合的な取り組みになり、難易度が高まります。企業は経営課題と従業員ニーズのバランスを考慮しつつ、未来の働き方を構想しなければなりません。以前は就職したい企業先として人気上位を占めていた総合商社や外資系金融などの勢いが後退しています。最近では柔軟な働き方と魅力的な職場を演出している新興企業が人気を集めるようになってきたことからも、ワークスタイル変革を推進することは、チャレンジ志向やモチベーションの高い優秀な人材を獲得するための必要条件であり、企業の人材戦略そのものと言えます。

このように、日本企業は大きな環境変化の渦中にあって、ただ漂うのではなく、積極的に「魅力的な職場環境の整備」と「業績に直結する生産性向上」の施策(=ワークスタイル変革)を推進する必要があるのです。

変革を進める着眼点 変革実現までの道のり ワークスタイル変革の事例
富士通総研のご支援 ワークスタイル変革のコラム


サービスカタログ

コンサルティング事例

コラム

マガジン(知創の杜)

論文

関連リンク

お問い合わせ・ご相談はこちら

当社のコンサルティング・サービス内容について、ご不明な点はございましたか?
経営やビジネスに関するお悩みがございましたら、以下のお問い合わせ方法からお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話でのお問合わせ
富士通総研お客様総合窓口
03-5401-8391

ご利用時間:8時40分から17時30分まで
(月曜日から金曜日、祝日を除く)
(注)電話番号はよくお確かめのうえ、おかけください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせへの回答例
お客様からのお問い合わせとコンサルタントからの回答例です。ご相談をされる際は、是非ご覧ください。