GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 今、話題のコンサルティング >
  3. テレワークを活用した働き方改革とは

テレワークを活用した働き方改革とは

今、話題のコンサルティング

テレワークを活用した働き方改革とは

テレワーク

テレワークとはtele=「離れたところで」work=「はたらく」の造語で、「ICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」のことです。本来勤務する場所から離れた柔軟な働き方は、育児や介護による離職を防ぐことができるだけでなく、会社全体の働き方を改善する施策としても注目されています。

PDFテレワーク導入

株式会社富士通総研 湯川 喬介の写真

コンサルタントが語る、テレワーク実現のノウハウ

働き方改革が推進される今、「テレワーク」は有効なのか。施行に導く秘策とは。

  • テレワークの普及を拒んでいるものとは
  • ハードルをクリアするために必要なこと
  • テレワークの成功に必要な同僚/家族の理解

テレワーク導入のメリット

企業のメリット

人材の確保や離職の抑制だけでなく、業務プロセスの革新や事業運営コストの削減、さらに非常時の事業継続性の確保(BCP)が考えられます。また、企業ブランドや企業イメージの向上といった側面でも期待されています。

従業員のメリット

育児・家事・介護と仕事の両立により、ワーク・ライフ・バランスが改善されます。また、業務プロセスの整理・改善により、残業の抑制や労働時間の短縮にも繋がります。

テレワークの形態

在宅勤務

オフィスに出勤せず、自宅を就業場所とする働き方です。通勤による時間的・身体的な負担がなくなり、勤務時間以外を有効に活用することができます。

モバイルワーク

交通機関の車内やカフェといった外出先を修業場所とする勤務形態です。頻繁に外出する業務の場合、様々な場所で業務を行う事ができ、生産効率が上がります。また、外出先からオフィスへ立ち寄ることなく出退勤ができることで、無駄な移動時間を軽減することができます。

サテライトオフィス

所属するオフィス以外の、遠隔勤務用の施設を就業場所とする働き方です。自宅や顧客先に近い施設を利用することで、移動時間を節約すると共に、オフィスコストの削減も期待されます。自社・自社グループ専用オフィスだけでなく、「シェアオフィス」「コワーキングスペース」と呼ばれる共有側のサテライトオフィスも注目を集めています。

富士通総研のコンサルティング

現在、育児者や介護者等、誰もが働きやすい労働環境を整備していくために、行政が主体となってテレワーク等の導入促進に向けた政策を講じることが重要となっています。富士通総研では、地域の企業等に、テレワークに関する本質的な理解を促進するためのご支援を行います。
そのためには、行政職員自らのテレワーク実施も求められます。そこも含めて富士通総研は、一体的にご支援することが可能です。

関連コンテンツ

 

記事・書籍

  •  
  •  

コンサルティングのご相談・ご依頼はこちら

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お客様総合窓口

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

GTM-53DX6QV