GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

定量的リスク管理

リスク管理の目的は、文字通りリスクをコントロールすることです。リスクはそれ自体忌避すべきものであるため、リスクを極小化することを目的と考えがちですが、リスクは収益の源泉でもあることから適切にコントロールすることが重要です。そのためには、リスクを数値化(できれば金額ベースで数値化)することが効果的です。リスク定量化の方法論としてデファクトスタンダードとなっているValue at Risk(VaR)をベースにお客様の各種ビジネスにおけるリスクの定量化をご支援します。特に金融機関のお客様には、次世代のリスク管理手法であるストレステストの実施についてもご支援します。

金融機関におけるストレステスト

金融機関では、従来から過去データを用いた統計的な手法(Value at Risk)をベースにリスクを定量化していましたが、昨今の金融危機以降、過去のデータでは説明できないリスクを把握することが重要になっています。そのための有力な手法としてストレステストがありますが、従来とは考え方が大きく異なるため、その利用には様々な課題を乗り越える必要があります。ここでは、ストレステストに関する技術的な課題とその解決のポイントについて述べます。

関連オピニオン

関連サービス

定量的全社リスク管理

情報技術の発展などによりビジネス環境の変化が加速していることと、モノ言う投資家の台頭により経営の透明性や説明責任が求められていることから、企業経営においてリスクを定量的に管理することの重要性が高まっています。ここでは、企業の全社リスクを定量化する際のポイントについて説明します。

定量的全社リスク管理(ERM)とは
定量的全社リスク管理の意義
定量的全社リスク管理の課題
リスク定量化のポイント

関連サービス

お問い合わせ・ご相談はこちら

当社のコンサルティング・サービス内容について、ご不明な点はございましたか?
経営やビジネスに関するお悩みがございましたら、以下のお問い合わせ方法からご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話でのお問合わせ
富士通総研お客様総合窓口
03-5401-8391

ご利用時間:8時40分から17時30分まで
(月曜日から金曜日、祝日を除く)
(注)電話番号はよくお確かめのうえ、おかけください。

オンラインでのお問い合わせはこちら