GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 今、話題のコンサルティング >
  3. 「銀行次世代店舗」のアプローチ

「銀行次世代店舗」のアプローチ

今、話題のコンサルティング

「銀行次世代店舗」のアプローチ

銀行次世代店舗

各金融機関では顧客利便性の向上に向け、ダイレクトチャネルの拡充や稠密なATM網の構築、オムニチャネル化などを進めていらっしゃいます。そのような中、今また「店舗」に注目が集まっています。富士通総研では次世代の銀行店舗のあり方の検討から店舗企画、店舗運営支援まで、実績に基づいた幅広いご支援をしております。

金融機関における次世代店舗の取り組み事例

富士通総研では、多くの金融機関様から「営業店」に関する幅広いご相談を頂いております。これまでは「営業店業務の効率化」に関するご相談が大半でしたが、近年では「営業店における営業力強化」といったトップライン最大化や、「若年層取引の強化(裾野の拡大)」、「オムニチャネル化」など、他行より先んじて顧客との関係性を構築することで競争優位性を確立し、将来にわたり勝ち抜くための戦略的な取り組みや大胆な見直しについてご相談を頂く機会が増えています。

そのような「将来の成功を勝ち取るための営業店の進化」に関する国内事例、および海外事例(米国金融機関)についてご紹介します。

「次世代店舗」の進め方

従来型一般店舗の新規出店であれば、これまで各行で蓄積されてきた出店ノウハウを横展開することで対応できますが、次世代店舗の出店プロセスでは、これまで対応したことのない事象に何度も直面します。

ここでは、具体的に次世代店舗を出店するにあたってのノウハウについて、「企画フェーズ」「設計・構築フェーズ」「開店準備フェーズ」「検証フェーズ」の4つのステップで、特に留意すべき点を中心にご紹介していきます。

関連サービス

関連オピニオン

【シリーズ】経営実態・目標達成度を映し出す「事務量」

シリーズ「りそな銀行オペレーション改革10年の歩み」

関連コンテンツ

コンサルティング事例

  •  
  •  

記事・書籍

  •  
  •  

コンサルティングのご相談・ご依頼はこちら

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お客様総合窓口

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。