GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 今、話題のコンサルティング >
  3. ビジネスアナリティクス

ビジネスアナリティクス

ビッグデータにより、企業内のデータだけでなく、リアル社会の様々なデータを掛け合わせることで、将来の予測や次のアクションを示唆する、といったビジネスアナリティクスが注目されてきました。そこに、IoTによる多種・大量のデータが加わることで、これらを活用するための高度な技術や知識が求められ、次第に人に代わる知的活動の実現や支援までもが求められる段階に来ています。まさにAI時代の幕開けです。

今後、AI(人工知能)の活用は重要な経営課題の1つと考えられます。しかしながら、取り組みが進んでいる企業は極めて少ないのが現状です。富士通総研では、早くから先進の解析技術を用いた課題解決コンサルティングを実施してきた経験に基づいて、お客様のAI活用を強力にご支援いたします。

これまで、コンピュータが人間を上回る能力を持つようになることは現実的ではないと思われてきました。しかし、クイズ、将棋、囲碁などの分野で人間に勝てるAI(人工知能)ソフトウェアが登場してきたことにより、業務にAIを活用しようというニーズが高まっています。

どのような業務に対しても、今すぐAIを適用して成果が得られるのでしょうか?

富士通総研が実現するのは、「お客様の業務に合わせた結果を出すAI活用」です。

富士通総研のAI活用の詳細はこちら

富士通総研では、お客様のAI活用を迅速にスタートアップし、継続的な業務革新をもたらすお手伝いをするため、4つのプロセスで構成される「AI活用コンサルティング」をご提供しています。

コンサルティングを実施するにあたっては、お客様の業務・データに関するスキルと、AI活用の技術的なスキルを併せ持ったコンサルタントがワンストップで対応させていただきます。

ビジネスアナリティクス サービスのフロー

(*)Business Analytics (BA)手法を活用した高度なデータ活用により、業種/業務課題を解決する約50のコンサルティングサービス体系。

AI活用コンサルティングの詳細はこちら

経営課題としてビッグデータ活用の取り組みを進めるには、データから有用な知見を抽出するデータ分析スキルを持った人材の育成が不可欠です。 職務によって異なる必要スキルに応じた講座をご用意します。
データ活用プロフェッショナル育成研修

ビッグデータ活用に関連するオピニオンを紹介します。

2012年

  • 配電部門における非常災害対応の高度化(電気学会研究会資料. PE, 電力技術研究会 2012(143), 21-24, 2012-08-06)

2011年

2007年

2006年