GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

平成28年度石油精製環境分析・情報提供事業報告会

~石油精製業に求められる取組みの方向性~

概要

弊社では資源エネルギー庁から委託を受けて国内石油産業の競争力強化に向けた施策の企画・立案に必要不可欠となる、石油精製業を取り巻く 環境規制の国際ルールの動向や海外の石油プラントの状況、政策動向、その他周辺動向等を調査しております。
本報告会では調査結果の報告に先立ち、石油精製・流通研究会の座長を務めていらっしゃる、東京理科大学大学院 イノベーション研究科 橘川武郎教授に『石油精製業を取り巻く課題と対応の方向性(仮)』と題して、ご講演をいただきます。
石油精製業に携わる方に留まらず、広い業種の方々のご参考になる内容であると考えております。広く多数の皆様方のご参加をお待ちしております。
※ ご参加は無料です。また、どなたでもお申込みいただけます。
※本セミナーは株式会社富士通総研が資源エネルギー庁石油精製備蓄課から「平成28年度石油精製環境分析・情報提供事業(石油精製環境規制等動向調査)」を受託して実施しています。
 事業ホームページ:(海外石油情報プラットフォーム) 



日程

開催日程 申込
2017年3月22日(水曜)13時30分-16時30分 (受付開始13時) 受付終了

   

開催会場

開催会場
住所 地図
TKPガーデンシティ永田町 ホール2D
東京都千代田区平河町2-13-12
東京平河町ビル
[地図]

プログラム

13時30分-13時35分 <主催者挨拶>
13時35分-14時35分 <基調講演>
  石油精製業を取り巻く課題と対応の方向性(仮)
  講師:橘川 武郎 氏
  (東京理科大学大学院 イノベーション研究科 教授)
14時35分-14時45分 <休憩>
14時45分-16時30分 <平成28年度石油精製環境分析・情報提供事業 調査結果報告>
○海外石油精製業の最新動向の調査結果報告
○技術的課題に係る分析研究調査結果報告
調査テーマ1 : アジア各国の自動車排出ガス規制、品質規制の動向
調査テーマ2 : カナダ等における重質油処理のボトム対策の動向
調査テーマ3 : 欧米における原油価格の急激な変動やその他リスクへの対策の動向
調査テーマ4 : 海外石油精製事業者におけるサイバーセキュリティ対策の動向
16時30分 <閉会>
開催のご案内パンフレット (148 KB)


本セミナーのお問い合わせ・キャンセルについて

セミナーのお問い合わせにつきましては、下記お問い合わせフォームにてご連絡をお願いします。

株式会社富士通総研 第二コンサルティング本部 ビジネスレジリエンス事業部
セミナー・模擬訓練へのお問い合わせフォーム