GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通クオリティ・ラボ

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品・サービス>
  3. IoT・ウェアラブル端末機器の評価検証サービス

IoT・ウェアラブル端末機器の評価検証サービス

ビジネス・社会のイノベーションを引き出すIoT・ウェアラブル端末機器

センサーの小型・省電力化、ネットワークの多様化、クラウドの普及等テクノロジーの進化によりインターネットにつながるモノは、2013年の100億個から、2020年には500億個にも増加するといわれています。
現在、モノやヒトや場所・環境も含め、全てが繋がるIoT(Internet of Things)社会に向け、新たな価値・イノベーションを引き出す様々なIoT・ウェアラブル端末が開発されています。
私たちは長年培ってきたノウハウをもとに、お客様で開発されたIoT・ウェアラブル端末機器に最適な評価プランを提案し、製品の安全性、信頼性確保に貢献します。

IoT・ウェアラブル端末機器

こんなお悩み・ご要望はありませんか?

  • 早く商品化したいが、品質の専門家がいない、即戦力の採用も難しい。
  • 評価の経験もノウハウもなく、安全性の確保ができているか不安。
  • ウェアラブル端末など、新たに電気、電子化による製品への付加価値を高めたいが、品質担保プロセスのノウハウも経験もない。        
こんなお悩み・ご要望はありませんか?

富士通クオリティ・ラボにお任せください

長年培ってきたノウハウを基に、お客様で開発された製品に最適な評価プランを"カスタマイズ"し、製品の安全性、信頼性確保に貢献します。

お問い合わせボタン 044-280-9948

お客様製品の様々な品質面の課題・お悩み解決に向けて、信頼性評価ソリューションをご提案


機能/特性試験

製品の機能/性能がお客様の仕様に満足しているか確認します。 また製品寿命も、現品評価や机上算出、または信頼性試験を行い検証します。

特に注目です!
環境試験

IoT・ウェアラブル端末機器は多種多様な環境での使用が想定されます。 温度/湿度環境試験と共に、特殊環境(紫外線、ガス、気圧等)を想定した試験をご提案します。

特に注目です!
安全性試験

電池を搭載した端末機器は、発煙発火試験などをご提案します。 また、無線給電を搭載した端末機器は、金属異物影響による発煙検証をご提案します。

マージン/限界試験

電圧/温度/強度などをパラメータとし、製品機能の動作マージン、製品の強度・耐久性確認を行います。

無線通信評価

実使用環境を考慮し、負荷条件や端末機器の移動・停止/接続数/アクセスポイント数等を組合わせた、接続性試験をご提案します。



主な提供サービス一覧     各試験設備の詳細はこちらから

■機能/特性試験

主な評価項目 主な評価内容
回路動作検証 回路図から動作メカニズムを検証し、評価内容をご提案します。 また仕様やユーザ使用環境を考慮した動作確認も行います。
機能/特性確認
誤動作検証 タッチパネルやUSB給電、RFID通信などに関する誤動作検証を行います。
寿命予測/検証 コンデンサやバッテリなどの寿命予測や、実際に部品単体の信頼性サイクル試験などを実施し、寿命検証を行います。
回路動作検証

回路動作検証:
回路図から評価内容をご提案可能

■環境試験

主な評価項目 主な評価内容
高温/低温動作試験
各種環境試験装置を多数所有しています。ウェアラブル端末機器では必須の屋外を想定した温度/湿度/紫外線/ガス試験等も可能です。 
高温/低温起動確認
温湿度連続試験
温湿度サイクル試験
特殊耐環境性試験 
振動/衝撃試験
入力電圧変動試験
AC/DC問わず入力電圧変動、瞬断、停電試験を行います。また回路図や現品評価から動作限界点も検証します。
瞬断/停電試験
静電気印加試験
電磁妨害耐性を評価する各種IEC61000-4-2(静電気放電イミュニティ)、IEC61000-4-5(サージイミュニティ)準拠の試験が可能です。また試験にて誤動作や破損が生じた場合の、発生メカニズム調査も行います。
AC入力インパルスノイズ試験
雷サージ試験
Corrosive gas tester

ガス腐食試験機:
腐食性ガスによる耐腐食性試験が可能


耐候性試験機(サンシャインウェザーメーター)

サンシャインウェザーメーター:
紫外線照による耐光性試験が可能

■安全性試験

主な評価項目 主な評価内容
発煙発火試験 電池・バッテリユニットの発煙発火試験
釘刺し、圧壊、加熱、外部短絡、過充電など
対応規格:(JIS C 8712 / C8714,UL1642,IEC62133)
保護回路動作検証
回路図検証から、保護回路の妥当性検証を行います。
低温やけど検証 温度上昇のワースト条件から、端末機器の低温やけど試験を行います。
金属異物影響の発熱検証 無線給電を搭載した端末機器の金属異物影響による発熱検証を行います。
USBの発熱検証 MicroUSB等の出力コネクタの発熱検証を行います。
電磁波による人体影響検証 無線機器が、電磁波による人体悪影響をおよぼしていないことを疑似的な人体模型を用いて計測します。IEC規格を基にSAR(Specific Absorption Rate)測定を行います。
絶縁耐圧試験/難燃性確認 絶縁耐量や材料起因による発煙発火のリスク検証などを行います。
バッテリパック保護回路基板検証

保護回路動作検証:
バッテリパックの保護回路動作妥当性を検証可能

バッテリセル安全性試験

発煙発火槽(エスペック(株)製ADST):
バッテリセルの安全性試験が可能

■マージン/限界試験

主な評価項目 主な評価内容
電圧/温度マージン限界試験 製品の仕様やユーザ使用環境などを考慮し、電圧/温度/イミュニティ/機械的応力(垂直水平傾斜方向からの加圧を任意回数印可)/落下などのマージン、限界試験を提案します。また端末機器の誤動作に着目した試験なども提案します。
静電気・雷サージ限界試験
機械的応力限界試験
落下限界試験

■無線通信評価

主な評価項目 主な評価内容
相互接続性検証 製品の仕様やユーザ使用環境などを考慮し、負荷条件/移動・停止/接続数/アクセスポイント数などを組み合わせた接続検証や、実使用環境を想定した相互接続性検証を提案します。
AP/クライアント接続組み合わせ検証

お問い合わせ

富士通クオリティ・ラボ株式会社  

受付時間 : 平日9時~17時(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

このページに関するお問い合わせ

icon-telephone 電話 : 044-280-9948

icon-mail E-mail : fql-evaluation@cs.jp.fujitsu.com

GTM-W2C3MP