GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通クオリティ・ラボ

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品・サービス >
  3. 赤リンによるトラブルの解析、含有分析

赤リンによるトラブルの解析、含有分析

材料分析 に戻る
サイレントチェンジ検証サービス に戻る

えっ、燃えにくくするはずの難燃剤が製品の発煙原因?


難燃剤として使用される赤リンが原因で、電源コード・コネクタなどが絶縁不良になり(赤リンによるマイグレーション)、発熱・発煙などのトラブルを起こす場合があります。(*1)

ACケーブルコネクター

ここ数年、気付かないうちに下請け企業が部品の材料を変更してしまう 「サイレントチェンジ (*2)」 と呼ばれる問題が顕在化しています。 いつの間にか含有していた赤リンが原因で、数年後に数十万台もの製品リコールに至った事例もあります。 部品採用時だけではなく、製品量産中も定期的な含有分析が必要不可欠な状況です。 (*3)

こんなご経験・お悩みはありませんか?

お悩み・ご要望はありませんか?
  • 電源コードやコネクタ、ケーブル、DCプラグなどが発熱した。煙が出た
  • 発熱、発煙の原因を知りたいがどうして良いか分からない
  • 赤リンが原因のリコールを耳にしたが当社の製品は大丈夫か?
  • 今後採用する部品について、事前に赤リンの有無を確認したい
  • 知らないうちに材料が変更されていないか、至急確認したい



078-934-8207

赤リン含有分析

部材に赤リンが入っているかどうか、費用や時間を鑑みて次の手順での分析をお奨めしています。

スクリーニング-蛍光X線分析(XRF) 部材にリン元素が入っているかどうかを調べます。
・リン元素が検出されなければ赤リンは入っていません。
・リン元素が検出された場合、次の詳細分析に進みます。
詳細分析-断面観察 リン元素が赤リンかどうかを調査します。
・赤リン粒子が確認されなければ、赤リンは入っていません。
・赤リン粒子が確認された場合、赤リンが入っていることになります。
コーティング調査-TEM分析 赤リントラブル防止のため、コーティングされた赤リンである場合があります。コーティング膜の有無をTEM分析で調査します。

1. スクリーニング-蛍光X線分析(XRF)

部材にX線を照射し、部材内部にリン元素があるかどうか調べます。部材によっては解体等が必要となりますが、分析自体は数分という短時間で可能です。

XRF分析装置
蛍光X線分析装置、右上は測定穴に部材を固定したところ

2. 詳細分析-断面観察

部材に使用されるリンは赤リンとは限りません。発熱トラブルとは無縁の有機リン系難燃剤もあります。富士通クオリティ・ラボは豊富な経験を生かした断面観察技術で赤リン含有有無をご報告致します。

通常の光学顕微鏡写真
通常の光学顕微鏡写真
白く光る粒が見えるが赤リンとは限りません。
光の当て方を工夫した光学顕微鏡写真
独自の技術で撮影した光学顕微鏡写真
赤リン粒は赤く見えます。

SEM-EDX分析により、確実に赤リン粒であることを示すことも可能です。

赤リン粒のSEM像 赤リン粒のSEM-EDX像(リン)
赤リン粒のSEM-EDX像(ケイ素) 赤リン粒のSEM-EDX像(酸素)
SEM像および各元素のマッピング像
リン粒の部分ではリン元素のみが検出されるので、純リン、すなわち赤リンです。

3. コーティング調査-TEM分析

赤リントラブル防止のため、コーティングされた赤リンである場合があります。コーティング膜の有無をTEM分析で調査します。

TEM像および各元素のマッピング像
TEM像および各元素のマッピング像
リン粒の周囲にアルミニウムが検出されます。このアルミニウムはおそらく水酸化アルミニウムで、 これが赤リン粒をコーティングしていると考えられます。
トラブル品の分析

絶縁抵抗を測り、赤リントラブルの可能性を調査します。絶縁低下、絶縁劣化が認められれば、断面観察でイオンマイグレーション箇所を特定し、赤リンが原因かどうかの分析を行います。下図は銅がマイグレーションした例を示しています。

mapping.gif
信頼性評価、故障解析

マイグレーション試験や高温高湿下放置試験など、環境ストレスを印加しての赤リンの影響評価や、赤リン障害の故障解析も承ります。

富士通クオリティ・ラボが選ばれる3つの理由

  • 赤リンのトラブル解析、含有分析を10年以上実施。豊富な実績と経験があります。
  • 部品の劣化診断、信頼性の加速試験もワンストップで対応します。
  • トラブル原因の解析も、未然防止のための含有分析も、短納期・低価格で提供します。

078-934-8207

お問い合わせ

富士通クオリティ・ラボ株式会社  明石事業所

受付時間 : 平日9時~17時(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


icon-telephone 電話:078-934-8207

icon-fax FAX:078-934-1449

icon-mail E-mail:fql-analysis@cs.jp.fujitsu.com

GTM-W2C3MP