GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通クオリティ・ラボ

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品・サービス >
  3. 接着剤の受託開発/カスタマイズ

接着剤の受託開発/カスタマイズ

接着剤・はんだ関連ページ
専用接着剤を受託開発
エッ!富士通が接着剤を販売??

実は富士通製品向けに長年接着剤の開発に取り組んできました。また、調達部材の評価や材料分析を通じて、接着の信頼性に関する豊富な知見を有しています。こうした技術を基に、信頼性に優れたエポキシ系接着剤の受託開発サービスをご提供いたします。

こんなお悩み・ご要望はありませんか?

  • 硬化温度が低い接着剤が欲しい(耐熱性の低い部品を使用できる)
  • 硬化時間を短くしたい(同じ設備で生産量を増やせる)
  • 溶接を代替できる強い接着剤が欲しい(部材を金属からプラスチックに変えられる)
  • 接着剤を使いたいが将来の品質トラブルが心配
  • オーダーメイドの接着剤が欲しいが少量なので大手メーカーが引き受けてくれない
    ▼オーダーメイドの要望例 (クリックで展開)

078-934-8207

富士通クオリティ・ラボに任せたくなる3つの理由

豊富なバリエーション

f・Stickシリーズ標準接着剤とカスタマイズ事例のページへ
硬化時間僅か3秒(190℃)の接着剤や、60℃硬化タイプ、低発ガスタイプなどお客様の製品や工程に応じて基材樹脂を調整いたします。また、無機粉末や金属粉末などを組み合わせることで、導電性や熱伝導性の付与、熱膨張率の調整を行い、お客様のニーズにお応えする接着剤を開発いたします。

ユーザー目線のコンサル

カスタマイズ、受託開発カスタマイズ、受託開発の流れのページへ
機器メーカーならではのユーザー目線でお客様とともにご要望をブレイクダウン、材料設計・開発プロセスに落とし込みます。開発者自身がお客様対応をいたしますので、スピーディーで的確な意志疎通が図れます。

品質トラブルの未然防止

材料分析でトラブルを未然防止 材料トラブルの定番の一つが接着剥離。材料分析を通じて蓄積した多くのトラブル事例を基に、被着材や接着プロセスを含めてお客様製品の品質トラブル未然防止に貢献します。
接着剤の調査(不良解析・選定支援)も承ります

お問い合わせ

富士通クオリティ・ラボ株式会社  

受付時間 : 平日9時~17時(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

このページに関するお問い合わせ

icon-telephone 電話 : 078-934-8207

icon-mail E-mail : fql-adhesive@cs.jp.fujitsu.com

GTM-W2C3MP