GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通クオリティ・ラボ

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品・サービス >
  3. 土壌/地下水汚染の調査/対策

土壌/地下水汚染の調査/対策

平成15年2月15日、土壌汚染対策法が制定され有害物質使用特定施設の使用の廃止時には土壌汚染調査が義務づけられました。また、条例により3,000m2以上の土地改変時に調査を義務づけている都道府県・政令都市が増えております。
私たちは今まで培ってきた「確かな技術で迅速に」をモットーに、特定有害物質(揮発性有機化合物、重金属等、農薬等」に関する土壌・地下水の汚染状況を調査し、対策から評価まで一貫したサービスをご提供致します。
土壌汚染対策法及び調査内容についてお気軽にお問い合わせください。

お問合せ

ご要望/ご質問などがございましたら、お問合せページ からご連絡ください。

お問い合わせはこちら

実施内容

Phase1

土地の履歴調査(古地図・空中写真・登記簿・聞き取り調査等)及び周辺調査(地下水汚染状況・地形地質等)から対象地汚染のおそれを推察します。

Phase2

土壌ガス調査・重金属等表層調査・ボーリング調査・地下水調査などから調査対象地の汚染の有無ならびに汚染の分布を把握します。

土壌ガス分析

GC-DELCD/PIDによる土壌ガス分析

コンターマップ(分布図)

コンターマップ(分布図)

Phase3

汚染物質・深さ・土質・地下水・上物・工期・費用等を総合的に検討し、最適工法を選択し実施します。

  1. 土壌ガス吸引法汚染土壌中に抽出井戸を設置し、負圧を発生させることにより揮発性有機化合物をガス化し回収する方法です。地下水位より上の汚染土壌の浄化に効果的な方法です。
  2. 揚水ばっき法地下水まで汚染されている場合、井戸を掘り地下水をくみ上げて、ばっきし揮発性有機化合物を気化させて取り除きます。通常、空気を吹き込みバブリングすることにより処理します。
  3. その他の工法その他の工法として、土壌客土法、生物分解法、化学的分解法などが必要によって適用されます。

★浄化効果の確認

観測井から汲み上げられた地下水、及び吸引ガス中の揮発性有機化合物の濃度を測定し、時間の経過とともに追跡し、対策効果を確認します。