GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通クオリティ・ラボ

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 社長挨拶

社長挨拶

八木 悟 <製品・サービスから地球環境まであらゆる質の改善・向上に貢献>
 富士通クオリティ・ラボ株式会社は、1994年に富士通分析ラボ株式会社として活動を開始、2006年からは富士通クオリティ・ラボ株式会社として、富士通グループの製品開発で培ったノウハウや技術を基に、電気・電子製品を中心とした品質保証・信頼性評価・故障解析・ソフトウェア開発プロセス構築支援の分野に業務を拡大して参りました。
 一方、2009年と2010年には、水・大気・土壌・自然環境といった環境品質の監視・計測・分析・改善を行う企業をグループ会社として迎えました。

<ICTの力で地球環境問題の解決にチャレンジ>
 今、私たちの住む地球は、人口問題に端を発し、エネルギー枯渇、CO2増加による地球温暖化・気候変動、生物多様性の減少、水や食糧の不足、そして水・大気・土壌の汚染など、次の世代に禍根を残さないためにも解決しなければならない課題でいっぱいです。
 富士通グループは、地球環境問題をICT (Information Communication Technology) で解決していくことを事業方針のひとつとして取り組んでいます。これにより、豊かで夢のある未来を世界中の人々と共に築いて参ります。

<『クオリティ』を「あらゆる質」と捉える>
 国語辞典では「品質」を「品物の質」と定義しています。一方、英語の『クオリティ』には「品質・性質・本質・特性」など様々な意味があります。富士通クオリティ・ラボグループは、『クオリティ』を「品物の質」に限定せず、現在そして将来、社会で必要とされる事柄の「あらゆる質」と広く捉え、それらを改善・向上するソリューションを提供して参ります。

<安心で安全な社会をお客様と共に創る>
 富士通クオリティ・ラボグループ*は『製品の質』・『サービスの質』・『環境の質』の改善・向上ソリューション、ならびに、これらを組み合わせた人々の『生活の質』の改善・向上ソリューションを提供することで、強靭でしなやかな、人と地球にやさしい、安心で安全な社会をお客様と共に創って参ります。

*1
富士通クオリティ・ラボ株式会社
富士通クオリティ・ラボ・環境センター株式会社
環境計測株式会社
富士通総合質量技術(蘇州)有限公司
富士通総合質量技術(無錫)実験所

富士通クオリティ・ラボ株式会社
代表取締役社長
八木 悟

お問い合わせ

富士通クオリティ・ラボ株式会社
 

受付時間 : 平日9時~17時(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

このページに関するお問い合わせ

icon-mail E-mail : fql-contact@cs.jp.fujitsu.com