GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. トピックス >
  3. 2016年 > 高度標的型攻撃から守るサイバーセキュリティソリューションをワンストップで提供開始

高度標的型攻撃から守るサイバーセキュリティソリューションをワンストップで提供開始

2016年7月11日

 

~セキュリティ専門家集団の知見・技術を基にトータルサポート~

富士通ネットワークソリューションズ株式会社(注1、以下FNETS)は、従来から提供している情報セキュリティソリューションを強化し、新たに高度標的型攻撃から守るサイバーセキュリティソリューションを本日より提供開始します。

サイバーセキュリティソリューションは、従来から提供していた不正アクセス対策、ウィルス対策、情報漏えい対策のノウハウに加え、富士通のセキュリティマイスター認定(注2)を受けたセキュリティマイスターによるコンサルサービスから、セキュリティ対策製品の構築サービス、運用支援サービス、教育・訓練サービスまでをトータルでサポートするサービスです。

お客様のネットワーク環境に合ったセキュリティ環境を構築し、保護、監視、検知、分析、対処、教育をワンストップで提供することにより、攻撃への対応を迅速に実施するとともに、お客様へ最先端のセキュリティノウハウを提供し、攻撃による被害を最小限に抑えます。

当社は、今後もサイバーセキュリティへの取り組みを活性化させ、高い技術力でお客様と社会の安心・安全に貢献していきます。

背景

昨今、企業や組織を狙った標的型サイバー攻撃が増加しており、高度化かつ巧妙化する攻撃の脅威を防ぐためには、従来のような侵入・感染を未然に防ぐ「入口対策」だけでは難しく、インシデントが発生することを前提に多層防御を行うことが一般的になってきました。この多層防御を行うには、マルチベンダー機器が導入されることが多く、インシデント発生の際には攻撃による影響範囲や原因究明の特定に高度なセキュリティ知識と高い技術力が必要となります。

当社はこのようなニーズに対応するため、セキュリティマイスターを全国に配備し、セキュリティによる事故を最小限に抑える新ソリューションを提供します。

概要

サイバーセキュリティソリューションは、セキュリティマイスターがお客様のネットワーク環境を調査・分析し、お客様のICT環境に最適なセキュリティ機器・ソリューションのご提案や、24時間365日のリアルタイム監視からインシデントレスポンス、教育・訓練を実施することで、継続的なセキュリティ強化をトータルでサポートします。さらに、新たなセキュリティ脅威が発覚し現在の設備で対策することが困難な場合は、再度コンサルによる調査・分析・最適提案を行い、繰り返し運用サイクルを回すことでよりセキュアな環境を維持し続けます。

サイバーセキュリティソリューションのワンストップサービスイメージ

特長

  1. コンサルサービス
    セキュリティ脅威について、セキュリティマイスターによるセキュリティ最適化アセスメント(現状調査、現状分析、計画立案)を実施します。具体的には、お客様の運用環境や対応マニュアルに合わせてセキュリティに関するアンケート・詳細ヒアリングを行い、セキュリティ脅威についてのリスク分析、改善提案・ロードマップ策定を行います。これにより、お客様のセキュリティ脅威を洗い出し、現環境で不足している対策について最適なご提案をします。
  2. 運用支援サービス
    高度なセキュリティノウハウを持った技術者がお客様からの相談対応だけでなく、SOC(注3)ベンダーと連携した24時間365日のリアルタイム監視やインシデント発生時にオンサイトでのインシデント確認・保全・復旧等の支援を行うことでお客様の運用負荷を軽減し、業務継続性を高めます。また、スポットにてオンサイトでのインシデント確認・保全・復旧等の支援も可能です。
  3. 教育・訓練サービス
    標的型サイバー攻撃教育については、専用の教育環境のある教室で実施する集合教育が一般的ですが、当社の教育・訓練サービスは、お客様先で最新のセキュリティインシデント事例を踏まえた、より実践に近いシナリオを提供し経営トップから一般従業員まで最新のサイバー攻撃手法、防御方法等を体験いただくことが可能です。また、サイバーレンジを活用した簡易的なセキュリティコンテスト(注4)の企画・環境設営・運営を提供することが可能です。

教育時に使用する標的型サイバー攻撃ツールの画面イメージ

図を拡大する (91 KB)

SDN技術を用いたサイバーセキュリティソリューションの構築例

本ソリューションの構築サービスにおいて、SDN(注5)技術を組み合わせることでお客様環境に合わせた個別のインテグレーションを実現いたします。

例えば、近年多発している標的型サイバー攻撃は、感染(疑い)の端末を検知した後の対応方法が非常に複雑であり、難しいという問題があります。

FNETSでは検知する装置をただ導入するだけではなく、検知後の複雑な処置をSDN技術を使って、ネットワーク機器に自動制御することで、より高いセキュリティと運用者の負荷軽減を実現するご提案をします。

販売価格

サービス分類 サービス名 参考価格
コンサルサービス セキュリティ最適化アセスメント 200,000円~
運用支援サービス インシデントレスポンス 100,000円~/月額
  リアルタイム監視(※1) 240,000円~/月額
現地オンサイト支援(※1) 160,000円~/1回
スポット支援(※2) 300,000円~/1回
教育・訓練サービス サイバーレンジ活用体験型教育 100,000円~
CTF(注6)で学ぶサイバーセキュリティ対策 200,000円~

販売価格は、参考価格として目安の金額を記載しています。
構築サービスは、個別見積となります。
(※1)本サービス適用時には、インシデントレスポンスのご契約が必要です。
(※2)構築サービスで構築した機器に限り、スポットにて対応可能です。

出荷時期

即日販売開始

販売目標

2017年度 30億円

注釈

(注1) 富士通ネットワークソリューションズ株式会社:本社 神奈川県横浜市、
代表取締役社長 岡平 司
(注2) セキュリティマイスター認定:サイバーセキュリティに関する技能を持った人材を富士通グループの中から発掘・育成し、お客様の安心安全なICT運用を支えることを目的にした制度。セキュリティマイスターのエキスパートは、認定条件にIPAの情報処理技術者試験の高度試験の取得や専門的なセキュリティ教育の受講が必須要件。
(注3) SOC:Security Operation Centerの略。ネットワークやサーバ等の動きを24時間365日監視し、サイバー攻撃の早期検知を行うとともに、問題解決支援やマルウェア解析などを行う専門組織。
(注4) セキュリティコンテスト:セキュリティ分野の総合知識と実践的技能を競うゲーム形式のコンテスト。
(注5) SDN:Software Defined Networkingの略。ソフトウェアにより、構成や機能を定義・制御することが可能なネットワークを構築する技術全般のこと。
(注6) CTF:Capture The Flagの略。情報セキュリティ分野で技術を競う手法の一つ。

商標について

記載されている製品などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連Webサイト

サイバーセキュリティソリューション

お客様お問い合わせ先

富士通ネットワークソリューションズ株式会社
総合受付窓口
TEL:0120-20-7430
受付時間:9:00-17:00(土、日、祝日、年末年始を除く)
URL: http://www.fujitsu.com/jp/fnets/contact/

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

日付: 2016年7月11日